15 Juli 2011 Nr. 876
印刷

モッツァレラ・Mozzarella

モッツァレラ Mozzarellaトマトとバジルを添えたサラダ、カプレーゼでお馴染みの、イタリア原産のフレッシュチーズ。出回っているものはたいてい牛乳を原料としていますが、本来は水牛の乳で作られるチーズです。こちらはBüffelmozzarella と表示され、値段は約2 倍ですが、ミルキーな風味が控えめな分、濃くと深みがある大人の味なので、ぜひ試してほしいもの。Mozzare(引き千切る)という語源のように手で千切るとドレッシングやソースとの絡みがぐんと良くなります。

モッツァレラの西京漬け

「このアイデアもらった!」と皆に言われるお酒の肴。ドイツ人にも好評です。

材料  
モッツァレラ
125g
白味噌
50gl
砂糖 大さじ4
大さじ2
モッツァレラの西京漬け 作り方
1. まずは西京味噌作り。白味噌、砂糖、酒をペースト状になるまでよく混ぜる。
2. モッツァレラは水を切り、キッチンタオルで水気を拭き取る。
3. ②のモッツァレラの表面全体を①で包みこみ、タッパーなどに入れて冷蔵庫で1晩以上漬け込む。
4. スライスし、あれば青じそを添えて皿に盛る。
残った味噌は肉や野菜の炒め物用ソースにすると、美味しくいただけます。
茄子のグラタン

トマトとモッツァレラの定番コンビ。本来は揚げ茄子を使うところ、電子レンジを使ってあっさりと低カロリーな一品に。

材料 4人分
米茄子
2本
モッツァレラ
1塊
パルメザンチーズ
30g
トマトピューレ
(PassierteTomaten)
200ml
濃縮トマト
(Tomatenmark)
大さじ山盛り1gl
オリーブ油
大さじ1
適量
茄子のグラタン 作り方
1. 米茄子は皮を剥き、ラップに包んで電子レンジ(強)で1本ずつ、3分間加熱する。
2. ①をスライスして耐熱皿に並べ、塩をふる。
3. トマトピューレ、濃縮トマト、オリーブ油をよく混ぜ合わせ、塩で味を調えて②の上にかける。
4. モッツァレラは水分を切ってから手で千切り、パルメザンチーズはすり下ろして③の上にちらす。
5. 200度に温めたオーブンで25分程焼く。
写真は茄子嫌いの子どもたちのために、茄子1本と塩茹でブロッコリー200gを使っています。
チーズの脂肪分表示

ドイツでは、チーズの脂肪分はxx % Fett i. Tr.(Fett in derTrockenmasse)と表示されていて、これは乾燥状態での値。通常口にする状態での脂肪分はこれよりも低くなります。
例えば水分の多いモッツァレラの場合、45% Fett i.Trと書かれていても、脂肪分は半分以下、カロリーにすると1塊125gで大体300kcal。チーズの中では低カロリーな方です。
逆にハードタイプのチーズの場合、水分が少ないため表示の脂肪分の多くを含有していることになり、45% Fett i. Tr. と表示されたゴーダチーズは、同量で450kcalくらいになります。