16 März 2012 Nr. 910
印刷

市販のソース Soße

市販のソースカレーケチャップ(Curry Gewürz- Ketchup)は、カレーヴルストにつける、あの茶色っぽいケチャップです。我が家では、糖分控えめのlight を愛用しています。HP(House of Parliament)ソースは英国で最もポピュラーなブラウンソース。現在はハインツ社がオランダで生産しており、スーパーで、1瓶2.50 ユーロ程度で売られています。そしてカレー粉。この3つさえあれば、日本製のルーや特別なスパイスがなくても、日本風のカレーが作れます。

日本風カレー

「市販のルーがなくても気楽に手軽に」 がモットー。ドイツ人にも好評です。

材料 6人分
肉(牛または豚)ぶつ切り
800g
玉ねぎ
大1個
すりおろしたしょうが 10g
にんにく 5片
植物油 大さじ1
バター 30g
小麦粉 大さじ2
500ml
りんご 1個
にんじん 1本
はちみつ 大さじ1
カレー粉 大さじ5
カレーケチャップ 100ml
コンソメ顆粒 500ml分
HPソース 大さじ 1.5
塩・こしょう 適量
カレー

作り方
1. 底が広くて厚い鍋、もしくは深めのフラ イパンを用意する。そこに植物油を敷 き、刻んだ玉ねぎ、すりおろしたしょう がとにんにくを加え、玉ねぎがしんなり 透明になるまで炒める。
2. 肉に軽く塩・こしょうをふり、小麦粉を 全体にまぶしておく。
3. しょうゆと皮を剥いておろしたしょうがを加えて、よく揉み込む。
4. ①にバターを入れ、溶けたら②を加えて 表面に焼き色が付くよう強火で炒める。
5. コンソメ、すりおろしたりんご、にんじ ん、カレー粉、カレーケチャップ、HPソー ス、はちみつを加えて煮る。
6. ぐつぐつしてきたら火を落とし、蓋を少 しずらすようにして1時間以上煮込む。
7. 最後に塩・こしょうで味を調える。
8. 一晩寝かせると、味がぐんと良くなる。 再加熱するときは水を少々足すと良い。
これで中辛程度のカレーができます。お好 みのスパイスやはちみつ、チャツネ等を加えて、辛さや甘さを加減してください。
イギリスから来た日本風カレー

日本風カレーの源流は、実はイギリスにあり ます。当時、イギリスが、植民地であるイン ドから大量のスパイスを持ち帰り、好みのブ レンドにして粉と混ぜ、シチューのような料 理を作ったのがそれです。日本には明治時代に広まり、以後、独自の発展を遂げてきました。 辛味が苦手なドイツ人には、あくまで「日本風」 であることを強調して勧めましょう。

HPソースの応用法

酸味がやや強いウスターソースのような味で、バーベキューやステーキソー スとしてよく使われます。甘味を加えて酸っぱさを抑え、和風の隠し味を付ければ、お好み焼きやとんかつなどに幅広く使えます

材料
HPソース
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
顆粒だしの素 小さじ1/3
大さじ1
ケチャップ 大さじ1
砂糖 大さじ1/2 ~ 1
お好み焼き