24 August 2012 Nr. 933
印刷

ミニトマト Kirschtomaten / Cocktailtomaten

ミニトマト夏休みに日本へ一時帰国し、3週間ぶりに帰宅したら、鉢植えのミニトマトが真っ赤に色付いていました。今年は冷夏だったせいか、例年に比べて遅い出来。留守番し、水やりをしてくれた主人に感謝です。家庭での育てやすさは折り紙付き。生でも加熱しても美味しくて、サラダはもちろん、スナックに、はたまた飾りにと大活躍のミニトマト。今回は、ミニトマトが主役のレシピをご紹介します。


ミニトマトのフライ

フィリングしたミニトマトを揚げたおつまみです。

材料 (4〜5人分)
ミニトマト
20個
オリーブ
(黒・種を取ったもの)
10個
フェタチーズ
(山羊のチーズ)
50g
卵白 1個分
パン粉 適量
バジル 数枚
ミニトマトのフライ

作り方
1. ミニトマト半分(10個)は、へたを取って湯剥きする。
2. フォークの柄などで①のミニトマトの種を取り出し、中にフェタチーズを詰める。
3. ②を卵白にからめてパン粉をまぶし、きつね色になるまで揚げる。
4. 湯剥きしていない残りのトマトも同様に種を取り、オリーブを詰める。
5. ④をそのまま素揚げする。
6. バジルの葉と一緒に皿に盛り付ける。
乾燥ミニトマト

トマトの旨味をぎゅっと凝縮。食前酒のお供にどうぞ。

材料 (4〜5人分)
ミニトマト
約20個
作り方
1. ミニトマトはへたが付いた状態で湯剥きする。ぐずぐずしていると火が通り、表面が柔らかくなってしまうので、1度に2 ~ 3個が限度。熱湯に5秒間くぐらせ、すぐに氷水に放つと、するりと皮が剥けます。
2. クッキングシートを敷いた天板に①のミニトマトを並べ、100℃のオーブンで2時間半乾燥させる。
3. さらに風通しの良い場所に置いて8時間。
4. 冷蔵庫に保管し、食べる直前に盛り付ける。
※ 面倒でも皮を剥かないと、舌にざらりとした感触が残ります。余ったら、オリーブ油とハーブでマリネにしても美味しくいただけます。
ミニトマトとざりがにのピリ辛サラダ

赤と黄色のミニトマトで彩りよく。

材料 (4人分)
ミニトマト(赤・黄)
各10個
お好みのハーブ(バジル・しそ・コリアンダーなど)
適量
ざりがに 50g
玉ねぎ 1/8個
ドレッシング
レモン汁 大さじ3
ライム汁 大さじ1
ハリサ(チリペースト) 小さじ1/3~1/2
にんにく 1片
しょうが 親指先大
オリーブ油 大さじ1
砂糖 小さじ1
塩・こしょう 各小さじ1/2程度
ミニトマトとざりがにのピリ辛サラダ

 

 

作り方
1. ハーブは細かく切っておく。
2. ミニトマトは半分に切り、玉ねぎはスライスする。
3. にんにく、しょうがはすりおろし、ドレッシングの材料をよく混ぜ合わせる。
4. ボウルにすべての材料を入れ、ドレッシングを絡めて皿に盛り付ける。