印刷

バターミルク Buttermilchバターミルク Buttermilch

日本人には馴染みの薄い食品ですが、ヨーグルトドリンクのようなものと言えば、イメージしていただけるでしょうか。本来はバターの生成過程でできる液体で、「ReineButtermilch」として売られています。Buttermilchとのみ表示されているものは脱脂乳に乳酸菌を加えた発酵乳で、バターの小片が入っていることもあります。ともに脂肪分は1%以下。低脂肪、高たんぱく質で消化が良く、ダイエットにも適しています。

バターミルクのレモン風味ムース
材料 (プリン型小8個分)
バターミルク
200ml
生クリーム 200ml
粉ゼラチン 6g
大さじ3
砂糖 60g
すりおろしたレモンの皮 小さじ1
レモン汁 大さじ2
季節のフルーツ 適量
ミント 適量
バターミルクのレモン風味ムース

作り方
1. 粉ゼラチンを水でふやかしておく。
2. バターミルクを小鍋に入れて火にかけ、①のゼラチンと砂糖を加えて完全に溶かす。
3. ②にすりおろしたレモンの皮とレモン汁、生クリームを加える。
4. 粗熱が取れたらプリン型に流し入れ、冷蔵庫に2時間以上入れて冷やし固める。
5. 季節のフルーツと一緒に盛り、ミントの葉を飾る。
フルーツの酸味が強かったり、甘味が薄かったりする場合は、砂糖をまぶして30分程置きます。 リキュールを加えれば大人の味に。
ルバーブのチーズケーキ

どんな果物でも良いのですが、この時期ならルバーブ(Rhabarber)がお勧め。ルバーブの酸味を、クリームチーズとバターミルクが絶妙な具合に柔らかく包み込んでくれます。

ルバーブのチーズケーキ

タルト生地(Mürbeteig)
・ロール状になったものが市販されています。
・ご家庭で作る場合は小麦粉150g、バター60g、砂糖50g、卵1個をよくこねてからまとめ、1時間以上冷蔵庫で寝かした後、めん棒で伸ばして使います。

材料 (直径24cm型程度)
ルバーブ
300g
クリームチーズ
400g
バターミルク
200g
砂糖
120g
バニラ砂
1袋
小麦粉
60g
大2個
砂糖
大さじ2
すりおろしたレモンの皮
小さじ2

作り方
1. ルバーブは、適当な大きさに切って水にさらしておく(水に浸けることでシュウ酸が溶け出し、酸味が和らぎます)。
2. 型の内側にバター(分量外)を塗り、タルト生地を伸ばす。180度に温めたオーブンで10分程、表面が乾いて火が通るまで焼いて取り出す。※焼き色が付いている必要はありません。
3. ルバーブ以外のすべての材料をボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
4. ルバーブの水気をしっかり切る。
5. ②のタルトの上にルバーブをのせ、③のフィリングを流し入れたら、170度のオーブンで30~35分焼く。
作りやすい分量にしています。フィリングが余ったらココット型に入れて一緒に焼き、温かいうちにスフレのように食べるのもお勧めです。
スイーツだけじゃない!
肉をバターミルクに漬けてから調理すると、ふっくらジューシーに。また、ビーフストロガノフなどでサワークリームの代わりにバターミルクを使えば、コクはそのままで、低カロリーに仕上がります。