ビルカイ・エネイ

Mittwoch, 25 Mai 2011 15:00
印刷
ビルカイ・エネイ Bilkay Öney
1970年6月23日マラティヤ(トルコ)生まれ、西ベルリン育ち。SPD所属。BW州統合相に就任。

ベルリン市議会議員として移民統合に努力してきた業績が買われ、先頃バーデン=ヴュルテンベルク(BW)州に誕生した緑の党とSPD の連立政権に“統合相”として入閣。SPDの美しいトルコ系政治家がわざわざベルリンからリクルートされたことで、BW州民から「まずご本人がシュヴァーベン方言を習ってここに統合しないと」と揶揄されている。

教師として西ドイツに派遣された両親を追う形で、3歳のときにハンブルクに移入。2年後に家族で西ベルリンへ転居し、シュパンダウ区で成長した。ドイツ人の学友たちとボーイスカウト活動もする。「私の親の世代は社会参加と子どもの教育に熱心でしたよ」。

ベルリン工科大学で経営学とメディア学を修めて銀行に就職。すぐにテレビ局へ転職し、編集を仕事にした。緑の党に加わったのはもちろん政治への興味から。子どもの頃から父親と時事問題について話し合っていたのだ。

2006年にベルリン市議会議員に当選。統合問題を担当し、荒れる移民系の子どもたちを指導してきた。「今までのマルチカルチャー政策は失敗。移民自身がドイツへの統合に積極的になるべき」と言う。

09年5月にSPDへ移ったのは、1人のSPD議員が緑の党へ移動したことを受けての相殺だった。おかげでSPD・左派連立政権の議席数は再び安定。存在感を強める結果にもなった。

新天地への不安はない。「子どもの頃、シュトゥットガルトのサッカー選手ハンジ・ミュラーに恋していたし、ベルリンでシュヴァーベン移民にたくさん接してきてるしね」と笑う。