Facebookツイッター
ドイツ留学
Sa. 21. Jul. 2018

マリアン・シュライアー

Eメール 印刷
マリアン・シュライアーMarian Schreier
1990年2月8日シュトゥットガルト生まれ。5月20日、BW州コンスタンツ郡テンゲンの町長に就任。
©Konrad Preter, Tengen-Watterdingen

バーデン=ヴュルテンベルク州南部の小さな町テンゲン。3月1日に行われた同町の首長選挙に、被選挙権を有する25歳になったばかりで立候補し、71%もの支持票を得て当選。ドイツ最年少の自治体長になった。

スイスの古都シャフハウゼンと国境を接するテンゲンは、ノルディックウォーキング、乗馬、ゴルフ、スキーと、四季を通じてレジャーを楽しめる景勝地。1973年に就任したヘルムート・グロース前町長(無所属)が、42年にわたって町を治めてきた。カトリック信仰の厚い土地柄である。

そこに、いくら同州の出身とはいえ、25歳、SPD党員、プロテスタントの青年が立候補するのは無謀にも見えたが、党からの支持を断って無党派に変え、町の情報紙とSNSを選挙戦にフル活用。自転車で町の隅々まで回り、神父と話し、地場産業や年長者の常連会でも存在をアピールした結果、ほか3人の候補に大差をつけての圧勝となった。

コンスタンツ大学と英国オックスフォード大学で行政学を修め、2013年からSPDの大御所ペーア・シュタインブリュック連邦議員(第1次メルケル政権財務相)のベルリン事務所で働いてきた。同議員からは今回、「テンゲンは頭が切れる未来志向の町長を選んだ」との、はなむけの言葉をもらっている。

一方、あどけない表情で「現代の市町村長はマネージャー」とシビアに語る本人はすでに政治プロの顔。ベルリンから人口4500人の町に移るのは頭の切り替えが必要だが、先月には結婚して生活を安定させ、新天地で着実に地盤を固めている。(Y.T.)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高橋容子 ドイツニュースダイジェスト創刊時からの常連ライター。日本で文芸映像翻訳を手がけ、渡欧。英・独・豪と移り、現在はスペインのバスク州暮らし。 www.geocities.jp/takahashi_mormann
Japan Airlines HIS ツアー 独・英ニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト
バナー 日本メディカルセンター ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー 習い事&スクールガイド バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択