instagram Facebookツイッター

Oliver Was­ser­mann
Mo. 22. Apr. 2019

独政府、エアバス新型機を12億ユーロで3機購入

【ベルリン 4月11日 時事】ドイツ国防省は11日、長距離用の政府専用機として、エアバスの新型機A350-900を3機購入すると発表した。総額は12億ユーロ。老朽化で故障が相次ぎ、メルケル首相の国際会議への遅刻などの失態をさらしていた政府機を刷新することになる。
3機は2020年から22年にかけて納入予定。3機が稼働次第、現在の長距離機2機は運用を終了する。
独政府機は近年、トラブルが続発。昨年11月には、メルケル首相が搭乗し、アルゼンチンでの20カ国・地域(G20)首脳会議に向かっていた機体が緊急着陸し、会議に遅刻。トランプ米大統領との会談などが中止となった。このほか、シュタインマイヤー大統領や多くの閣僚も、外遊先での足止めなどの事態に遭っている。
現在の長距離機2機は、11年にルフトハンザ航空から中古で購入した。今回は万全を期して完全な新型機を調達する。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信ニュース

Japan Airlines HIS ツアー
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 習い事&スクールガイド 日本メディカルセンター バナー バナー ロンドンのゲストハウス

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択