instagram Facebookツイッター
Horizon Business Communication
Mi. 26. Jun. 2019

EU「合意なき離脱」でも手切れ金、英強硬派をけん制

【ブリュッセル 6月12日 時事】欧州連合(EU)欧州委員会は12日、英国の「合意なきEU離脱」への対応をめぐって声明を出し、「合意なし」の場合も英国はEU予算分担金などの「手切れ金」を支払う必要があるとの見解を改めて示した。英国でメイ首相の後任を決める与党・保守党党首選の議員投票が13日から始まるのを前に、強硬離脱派をけん制した格好だ。

党首選の最有力候補のジョンソン前外相は「合意なし」も辞さない姿勢で、英国がEUに約束している最大390億ポンド(約5兆3800億円)の手切れ金支払い留保も示唆している。

これに関し声明では、合意なき離脱後に英EU間の新たな通商協定などの協議を始めるためには、「英国が加盟国としての金銭的義務を果たすこと」などを条件とすることを明確にした。 
欧州委はまた、現在の離脱期限である10月末に「合意なし」となるシナリオが「依然として非常に可能性が高い」と指摘。これまでの方針通りに混乱回避への備えを進めることも確認した。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信ニュース

Japan Airlines 独・英ニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト
習い事&スクールガイド バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択