instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Di. 12. Nov. 2019

Eスクーター規制、欧米でも=シンガポール

【シンガポール 11月7日 時事】シンガポール陸上交通庁(LTA)は5日から、歩道でのEスクーター(電動キックスケーター)利用を禁止した。Eスクーターが絡む死亡事故が相次ぐなど、安全性が疑問視されていた。Eスクーターへの規制は欧米諸国でも導入されている。

ロイター通信によると、フランス・パリでは歩道でのEスクーター利用が禁止されており、違反者には罰金135ユーロ(約1万6000円)が科される。利用が許可されている場所でも最高速度は時速20キロに制限されている。

ドイツでは道路や自転車専用路でのEスクーター利用合法化が可決されたが、歩道での利用は禁止とした。利用者は14歳以上に限られ、制限速度は時速20キロとされた。

スペイン・マドリードでは昨年、歩道や最低速度が時速50キロに制限された道路でのEスクーター利用を禁止した。

英国では公道、自転車専用路、舗道でのEスクーター利用が違法。違反者は300ポンド(約4万2000円)の罰金が科される。ただ最近、禁止の撤廃を求める声も上がっている。

米国の一部都市ではEスクーターを規制している。アトランタではEスクーター関連で4人が死亡する事故の発生を受け、8月に夜間の利用を禁止した。サンフランシスコでは違法駐車や道の混雑に対する住民からの苦情が殺到したため、昨年一時的にEスクーターを禁止した。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信ニュース

Japan Airlines
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー 習い事&スクールガイド ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター" バナー

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択