Facebookツイッター
ドイツ留学
Fr. 25. Mai. 2018

英独仏とイラン外相が核合意維持を確認

【ブリュッセル時事】英独仏3カ国の外相と欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表(外相)は15日、イランのザリフ外相とブリュッセルで会談し、米国が離脱を決めたイラン核合意を維持していくことを確認した。今後、数週間で具体的な対応策を見いだすことを目指す。
米国の離脱表明後、EU側とイランの会談は初めて。モゲリーニ氏は会談後の記者会見で「われわれは核合意の全てを実践し続ける決意を確認した」と強調。イランからの原油輸出や円滑な銀行取引の継続などを検討課題に挙げた。 
一方、ザリフ氏は会談後、記者団に対し「多くはこれから数週間で何ができるか次第だが、良いスタートが切れた」と語った。ザリフ氏は今回のブリュッセル訪問を前に中国とロシアの外相ともそれぞれ会談している。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信ニュース

Japan Airlines
バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター バナー 習い事&スクールガイド バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択