instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sa. 16. Feb. 2019

EU首脳、英離脱案修正を拒否

【ブリュッセル 2月8日 時事】メイ英首相は7日、欧州連合(EU)離脱をめぐり、ブリュッセルでユンケル欧州委員長と会談した。英議会が先週可決した動議に従い、離脱協定案に盛り込まれた英領北アイルランド問題への対応策の修正を要求。これに対しユンケル氏は「EU27カ国は離脱協定案の再交渉はしない」と応じない考えを改めて示し、会談は物別れに終わった。
ただ、両首脳は英議会承認を得るための解決策を双方の担当者レベルで協議することでは一致。月末までに再会談する。メイ氏は終了後、「激しい議論をしたが建設的だった」と語った。
メイ氏は13日までにEUと修正案をまとめ、英議会に諮ることを目指していたが、実現は困難な情勢となった。3月末の離脱が迫る中、協定が発効できずに物流停滞などの混乱を招く「合意なき離脱」の懸念が高まっている。 
英議会は可決した動議で、英国がEUの関税同盟に事実上残留するという北アイルランド問題への対応策を「代替措置」で一新することをメイ氏に要請した。「残留状態から抜け出せなくなる」との懸念が背景にある。
7日の会談後に公表された共同声明によると、メイ氏は「英議会は(対応策への)法的拘束力のある修正を求めている」と説明。懸念解消への選択肢を提案したが、詳細は明らかにされていない。
ユンケル氏は国際条約である協定案修正を拒否した一方、貿易など将来の英EU関係の枠組みを描いた「政治宣言」については、表現の追加は可能だと伝えた。
トゥスクEU大統領も7日、メイ氏と会談。終了後に「突破口はまだ見えない」とツイッターに書き込んだ。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信ニュース

Japan Airlines HIS ツアー 2019年カレンダー販売
習い事&スクールガイド ロンドンのゲストハウス バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター バナー

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択