instagram Facebookツイッター
ハーグ条約について
Do. 21. Mär. 2019

メルケル独首相、5G安全基準「独自に決定」

【ベルリン 3月13日 時事】ドイツのメルケル首相は12日、ベルリンでの記者会見で、米国がドイツに対し、次世代通信規格「5G」網の構築から中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)を排除するよう警告したことについて、「独自に安全基準を決定する」と語り、米側をけん制した。
一方で、米国を含む同盟国とこの問題について「協議する」と述べ、対話を続ける姿勢も示した。 
米紙ウォール・ストリート・ジャーナルなどによると、駐独米大使が先週、アルトマイヤー独経済相あての書簡で、5G構築にファーウェイを関わらせれば、米独間の情報共有を見直さざるを得なくなると警告。ドイツ側では反発が強まっている。
ドイツは近く、5G網構築の参加企業を決める入札を実施する予定。安全基準は強化するものの、ファーウェイなど特定業者を排除することはしない方針を示している。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信ニュース

Japan Airlines HIS ツアー
習い事&スクールガイド バナー ロンドンのゲストハウス バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択