ドイツ人並にドはまり、バビロン・ベルリン

今号の特集で「⑳なぜドイツ人は犯罪ドラマが好きなの?」とありましたが、かくいう私も「バビロン・ベルリン」というワイマール共和国が舞台のサスペンスドラマにはまっています。

ドラマ全体に不穏な空気感と倒錯的な魅力が漂っており、観ていて全く落ち着けないけれどやめられない……。

あまりに伏線が多すぎたり、複雑すぎる政治的な対立関係が描かれたりで混乱しますが、ニュースダイジェストで培った(?)ドイツにまつわる知識が少しは役立っている気がします。

バビロン・ベルリン