カーニバル、万歳!

2009年2月25日 ドイツ編集部(低)

行ってきました、カーニバルのパレード!恐らくここデュッセルドルフが1年で1番賑わうと思われるローゼンモンタークには、会社も商店も、その多くが自主的に休みを取ります。が、ニュースダイジェストはいつものように月曜からフル稼働。時折小雨もぱらつくどんよりした曇り空の下、シラ~っと静まり返る町の中を、カラ元気を振り絞って出勤しました。(電車のダイヤも休日用だったりとかで、遅刻ギリギリなんて1人パニックもありましたが)

仕事中もちょっと抜けて行こか行こまいか落ち着かず、右往左往した結果、カーニバル特集用のインタビューの後にハグまでしてもらってすっかりファンになったプリンツとヴェネツィアを一目見たくて、ついにオフィスを飛び出しました。

朝の様子からして、本当に盛り上がっているのか、いや、これは嵐の前の静けさというやつかも知れぬぞと胸を躍らせながら地下鉄のKönigsallee駅を降りて地上に出ると、そこはもう人、人、人。パレードがちょうど次から次とKö通りを練り歩いているところでした。モコモコしたキノコ、デュッセルドルフのエルヴァース市長の巨大な頭、青くて変な象……と、いつ終わるか知れない、延々と続く山車たちが意図するものは、正直、何だか良くわかりませんでした。。。

カーニバル、万歳!

キノコがいっぱい

カーニバル、万歳!

デュッセルドルフ市長エルヴァース氏が熊さんに?

それでも、いい! バカ騒ぎに混じっちゃえと、「デュッセルドルフ、ヘラーウ!」と手を挙げ、「かめれ~、かめれ~、かめれをおくれ~」と言ってみました。山車からお菓子がわんさか落ちてくるので、10個や20個くらい楽勝でキャッチできると思っていましたが、意外に難しいのですね。結果は惨敗、0個でした。

プリンツとヴェネツィアもいました! 「あ、どうも~」と手を振ってみたのですが、気付いてもらえるはずもなく……。彼らはやはり、山車の上の高い所にいる、キラキラした王子と王女でした。それでも、いい! 仮装したみんなのハッピー気分に便乗できましたし。カーニバル、万歳!

みなさんは、どんなカーニバル体験をされましたか?(低)

カーニバル、万歳!

プリンツとヴェネツィア、お菓子まきに必死の模様

関連特集記事:カーニバルに出かけよう! 2009年1月30日