週末に隣国を散歩 ― オランダ・フェンロー編

2010年01月21日 ドイツ編集部(高)

読者の皆様! 2010年もドイツニュースダイジェストをよろしくお願いいたします。
お陰様で記念すべき800号を向かえ、スタッフ一同やる気に燃えております。

え? 読者プレゼントの総勢8人は少ない??
そんな細かいこと(?)は気にしないで、皆さん奮ってご応募くださいね~!!

読者プレゼントと言えば、長谷部選手からのお年玉への応募もまだまだ受け付けていますよ。
こちらもよろしくお願いします。
・・・・・・長谷部選手とのインタビュー、実は弊誌オフィスのあるデュッセルドルフで行いました。長谷部選手の貴重なオフの日に、お時間をいただいてしまったのです(恐縮)。
長谷部選手の男前オーラを真正面から浴びて、私(高)はすっかり長谷部ファンの仲間入りを果たしたのでした(ぽっ)。

さて、2010年は積極的に出掛けようと、目標とも言えないような目標を立てた、(冬の寒さの手伝って)半引きこもり状態にある私。

週末はなんと外国に行ってきちゃいましたよ!

オランダ・フェンロー

VVV Venloの栄光の歴史が、街中のショーウィンドウに誇らしげに飾ってある。

向かった先はオランダ! サッカーの本田圭佑選手がモスクワに行ってしまったけど、今年から吉田麻也選手の移籍が決定した、なんとも日本人とも縁の深いサッカークラブ、フェフェフェ・フェンロがある・・・・・・

オランダ・フェンロー

メルヘンチックな旧市街は、かわいらしい建物が軒を連ねる優秀なお買い物スポットでもある。

ご存知、「フェンロー」です。

オランダ・フェンロー

オランダっていったら、チーズでしょ。

デュッセルドルフから電車に揺られること1時間(当日は吹雪に見舞われ1時間半・・・)。ドイツを脱出して一番初めに出会う街、フェンローに到着です。駅には国境警備隊の人が待ち受けていて、パスポート・コントロールを受けました。こんなひとコマが、外国に来たって実感を深めます。

オランダ・フェンロー

オランダっていったら、コロッケでしょ。

島国育ちの人間としては、国境を越えるとそこはオランダ語圏だった・・・・・・というあり方にやっぱり新鮮な驚きを感じずにはいられない。

オランダ・フェンロー

オランダっていったら、海が近いでしょ。だから魚介のスープ。

でも、やっぱりそこはオランダで、人の話す言葉も標識も、スーパーマーケットに並ぶ食材もドイツとはまったく違うのでした。

オランダ・フェンロー

そして、男性用公衆トイレのあり方も。

オランダのスーパーの目玉は、新鮮なお魚、広大なチーズ売り場、大量のワッフル、そしてドイツではなかなかお目にかかれない白い食パン!!

結局、お土産らしいものは全く購入せず。スーパーで食材を買いあさって帰ってきました。(高)