ビールの季節です

2011年6月17日 ドイツ編集部(ドラ)

「今日は蒸し暑い1日になるでしょう。」朝の天気予報チェックでこんなフレーズが聞こえ、さぞかし暑いんだろうな、今日は・・・と気合を入れると、「尚、最高気温は25度の予想です。」というではありませんか。「蒸し暑い(schwül)」という単語の日本語訳を間違って覚えてしまったのか、と錯覚する今日この頃。東京生活8年の身で生意気なことを申しますが、「蒸し暑い」という形容詞は、まさしくあの亜熱帯化したコンクリートジャングルで、照り返しを受けながら、まさしく息が詰まるような時にのみ最適な単語と主張したい(ドラ)です。 とはいえ、日本のような「蒸し暑さ」がなくても夏が到来していることは紛れもなく、仕事終わりの1杯のビールがこれほど美味しい季節はありません。つまるところ、これが言いたかった訳です。

ビールの季節です

愛用の「ビール型」栓抜きで、毎晩軽く飲んでます♪

(音)さんによる渾身のダイジェスト編集日記でお褒めを頂戴したように、お酒を愛する私ですが、言い訳がましく言わせていただくと、だって安いんですもの、ということでございます。水と同じ、ひいてはソフトドリンクよりも安いビールをなぜ飲まないのですか?!という切迫した経済的な観点から申し上げたい訳です。

ビールの季節です

主流の瓶ビールのほかに、最近は持ち運びや安全性の観点から、缶やプラスティック入りビールが多くなった気がします。

さて、とかく私たち日本人は「ビール」=アルコール、宴会、花見、二日酔い・・・と連想しがちですが、こちら欧州ではビールはこんなところにも違和感なく登場します。例えば、俗にドロゲリーと呼ばれるドイツのドラックストアで。

ビールの季節です

(注意)飲むシャンプーではありません。

ビールの季節です

近寄ってみると「ビールシャンプー」との表記が。

このシャンプーに適している髪質は、細めの髪。それをボリューミーに仕上げたいとき用、とのこと。私の髪質には程遠いため、残念ながらまだビールシャンプーにチャレンジしたことがありません。

ビールの季節です

昨今注目されて久しい美容要素のザクロとビール酵母のコラボレーション。フルティーな香りがプラスされ素敵です。

ビールは奥が深いんです。その深さを宴会などの場で、小話的にさらっと披露すると、へえ・・・と尊敬の眼差しで見られたりすることも。その知恵袋は、どうぞ弊誌人気連載コラム「ビール小話」をご活用あれ!

おまけの1ショット

ビールの季節です

ラベルに注目!「森鴎外 うたかたの記」ビール?!こんな地ビールもあったりするビール大国のドイツでありました。