なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

2011年7月19日 ドイツ編集部(高)

「なでしこジャパン優勝おめでとう!」が合言葉のドイツオフィスから(高)です。
(実際、営業部にかかってくる電話もドイツ人をはじめとするクライアントからの第一声が祝福の言葉だそうですよ♪)

あの激動の1日をいっぺんに振り返ると巻物のように長い日記になってしまうので
何回かに分けてお送りします。

今回は、
敵ながらあっぱれ! やっぱり強かったアメリカ!!
を、陰ながら、どころか主役並みに目立ちながら支えたUSAサポーターをご紹介。

まず驚かされるのは、マントのように肩から大型の星条旗を翻しているサポーターの多いこと!

なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

一目でUSAと分かるその存在感、スター☆がポイントのおしゃれな(?)小物使いに、なでしこジャパンの前半立ち上がりの動揺よろしく、早くも日本サポーターは圧倒されていました。

なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

全身USAカラーのチアガールも登場!

なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

どこで、そんなにたくさんのUSAグッズを購入できるのか。米国から持参したのか。謎は深まるばかり。

なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

そして試合直前にもなると、私の席はぐるりと

なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

USAサポーターに取り囲まれていました。

USA優勢な試合展開に、歓喜するUSAサポーター。 後半に1点を先制すると、

なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

USAコールが耳をふさぎたくなるほどの歓声を巻き起こし

延長戦でもまた先制すると、

なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

まるで、勝利を確信したかのように踊りだす

USAサポーターたちは、鼻から「祖国の優勝が決まる瞬間を見にきたのよ」、という調子で、試合前、試合中からお祭りムード。

完全にアウェーのような状況に、私たちサポーターも耐えて、耐えてひたすらに勝利を信じ、祈りながらの120分でした!

追いかけて、追いかけて、ついにはPKで追い越し逆転した日本!

呆然と立ち尽くすUSAサポーター

なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

でも、次の瞬間にはもう「おめでとう!」
「日本はよくやったよ!!」と、祝福してくれた。

なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

やけにUSAサポーター陣が多いと思っていたら、やっぱり多かったようで、米国代表がすぐ近くまでやってきた。

米国のスター、GKホープ・ソロ。美しきアメリカのカリスマの人気はすごかった。

なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

米国のエース、FWアビー・ワンバック。延長戦前半、勝負を決めるかに思われた1点をたたき出したのが彼女。

なでしこジャパン、優勝への道 USAサポーター編

この試合、シュート数は27-5。

アメリカが圧倒していた。

偉大な敵を前に、ひるまずに立ち向かったなでしこジャパン。
サポーター席でUSAサポーターの巨体と、その数に圧倒されまくっていた私はひたすら彼女たちを尊敬する。(高)

→次回は「熱き日本人サポーター編へ」

リンク:
特集:FIFA女子サッカーワールドカップ予習帳(24 Juni 2011)
特集:安藤梢インタビュー(30 April 2010)
私の街のレポーター:ドイツ・女子サッカーとフランクフルト(18 Februar 2011)