展覧会レポート「荘厳な美技術展: 仏壇クリエーターズの世界」

「仏壇」と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるだろうか。宗教、死、お線香・・・・・・そんな仏壇のネガティブなイメージを払拭し、300年の歴史を誇る伝統的工芸を後世に伝えるために立ち上がった4人の男たち。デュッセルドルフで行われた「荘厳な美技術展」では、彼ら「アートマン・ジャパン」の技術の高さと創造力、そして日本の精神文化の奥深さを存分に味わうことができた。

美酒・美女・美食の良い関係

先月29~31日の3日間、デュッセルドルフでは世界最大規模のワインと洋酒の見本市「Pro Wein」 が開催されました。ニュースダイジェストのお酒担当(自称)としては、行って見ぬ(飲まぬ)わけにはいきません。

贅沢な週末 in Berlin

出不精になっていた心と体が新しい空気を求めてうずうずしてきたので、週末ふらっとベルリンに行ってきました。朝一番のICEに乗ってデュッセルドルフから4時間半、ぐっすり眠って起きたらベルリンに到着。思ったより近いですね。

福間さんのコンサート

先週、福間洸太朗さんのコンサート「ピアノによる武満徹へのオマージュ」を聴きにいってきました。ケルン日本文化会館のコンサート会場は、私が駆けつけたときにはすでに立ち見のお客さんがいるような超満員状態!!!さすがは、鍵盤の貴公子☆

カーニバル、万歳!

行ってきました、カーニバルのパレード!恐らくここデュッセルドルフが1年で1番賑わうと思われるローゼンモンタークには、会社も商店も、その多くが自主的に休みを取ります。が、ニュースダイジェストはいつものように月曜からフル稼働。

アルトビール こぼれ話

クリスマスマーケットも始まり、グリューヴァイン(スパイス入り温かいワイン)がおいしいこの季節。ついつい「ビール」から遠ざかっている私ですが、先日、こんな話を耳にしました。アルトビールを初めて飲んだ日本人は誰でしょうか。

アルバート・ワトソン

アルバート・ワトソンをご存知ですか?ミック・ジャガーのポートレイト、ケイト・モスのヌード、マイケル・ジャクソンのアルバムカバーなどを手がけたカメラマンといえば、「あぁ、あの写真」と作品には見覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

聖母の乳

リープフラウミルヒ。ラインワインの代表格。 その中でも特に世界で飲まれているP.J.Valckenberg社の「リープフラウミルヒ・マドンナ」が生誕100年を迎え、その記念式典にドイツニュースダイジェストが招待されました。

日本デーでうっとり・どっきり・びっくり?!

2008年6月14日(土)、デュッセルドルフでは毎年恒例の日本デーが開催されました。その日の熱気と興奮はとてもではございませんが、筆舌に尽くしがたく、今回は写真と動画でご紹介してまいります。(高)

ユーロ2008出場選手☆イケメンランキング

いやぁ〜盛り上がってますね、サッカーの欧州選手権(ユーロ2008)!!私の自宅にはテレビを置いていないんですが、テレビがなくたって毎日、試合の動きを感じられるくらい盛り上がっています。

主婦にはツラいクリスマス

クリスマスシーズン到来! で心から喜べないのは、ドイツの主婦だという。クリスマスとは、日本で言う大晦日&正月のようなもの。家の飾りつけ、親戚全員へのプレゼントの準備に始まり、掃除、ご馳走の準備、後片付けなどなど、目の回る忙しさなのだ。

シュヴェリーン後記

シュヴェリーンに行ってきました。そう、ここは先週のドイツ統一記念日に公式式典が行われた場所です。今週の特集「17回目のドイツ統一記念日」でも書きましたが、レポートしきれなかったシュヴェリーンの街並みをご案内します。

ドイツ統一記念日に思う

10月3日はドイツ統一記念日でした。思い起こせば、かれこれ18年前の大学の夏休みを利用して、旧東ドイツでホームステイをしていました。 廃墟と化してしまったような町並みの多さや、東ドイツマルクに換金させられても買いたいようなものが一つもないということにはすぐに慣れたのですが...

森山大道の写真展

ケルンのギャラリー「Priska Pasquer」でいま、「森山大道展」が開催されている。中央駅からUバーンで15分ほどの距離にあるそのギャラリーは、アルトバウの趣ある建物内にこじんまりとある。