「仏壇」と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるだろうか。宗教、死、お線香・・・・・・そんな仏壇のネガティブなイメージを払拭し、300年の歴史を誇る伝統的工芸を後世に伝えるために立ち上がった4人の男たち。デュッセルドルフで行われた「荘厳な美技術展」では、彼ら「アートマン・ジャパン」の技術の高さと創造力、そして日本の精神文化の奥深さを存分に味わうことができた。