3月11日に起きたことを忘れてしまった日本人はいないと思います。それでも、震災から半年以上が過ぎ、テレビや新聞での報道も減る中、当時の衝撃や焦りは徐々に薄れてきているのではないでしょうか。