第27節のケルン戦で、シーズン通算11得点目を決めたドルトムントの香川真司。これによって、欧州1部リーグでの日本人最多得点記録を持つ高原直泰(2007年当時、アイントラハト・フランクフルト)に並んだ。