instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストのグリーティング・カード
Thu, 29 October 2020

タイニー・テンパー - Tinie Tempah

ジェイ、ディディも絶賛する
英ラッパー、本家殴り込み!?

15日に開催される英音楽賞「ブリット・アワード」で、「男性ソロ・アーティスト」「新人」「シングル」「アルバム」の4部門にノミネートされ、そのどれもが本命馬。全部かっさらうのではと予想されているのが、Tinie Tempahと綴って、タイニー・テンパーと読む、南ロンドン育ちの22歳。ウィリアム王子から、「一番好きなラッパー」と公言されている。

「ちょい癇癪(かんしゃく)持ち」とでも意味するのか、なかなかいいネーミング。もちろんこれは芸名で、本名はパトリック・オコグォ。ナイジェリア出身の両親の下、4人兄妹の一番上に生まれた。超カッコいいイントロのデビュー曲「パス・アウト」(動画共有サイト「ユーチューブ」で流れたビデオは1600万以上のヒットを記録)と、米歌手をフィーチャーした「リトゥン・イン・ザ・スターズ」の英1位で、昨年、大ブレイク。ジェイ・ZやP・ディディたち本家の大御所ラッパーたちから絶賛され、音専局MTVから米成功のお墨付きをもらった、久々の大物新人だ。

それにしても、今の世の中、ラップなしではヒット曲が成立しなくなってきた。テンパーはいいとして、「中盤で一発、ラップでも入れとくか」的曲の多いこと、多いこと。大概、スロー・テンポの曲に中だるみ防止策としてなのか、ラップが挿入されている。「上手い具合に」「自然に」ではなく、「唐突に」も多々だ。例えば、去年流行ったトラビー・マッコイft.ブルーノ・マーズの「ビリオネア」。のんびり横になって聴いていたら、突然のがなり声。ガバッと起き上がって、「なんでやねん!(怒)」となる。出だしが「オナラ」と聴こえるリアーナの「ワッツ・マイ・ネーム」もそうだ。テンパーには、ぜひとも妙な小手先を使わず、ガチンコ勝負して欲しいものだ。

 
  • Facebook

スミス京子:1997年渡英。牡羊座、O型、火星霊合星、七赤金星、左利き。好きな英国人はジョー・ブランドとジョージ・アラガイア。整形するならファーン・コットンかケイト・モス。おいおい。

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ