instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Thu, 22 October 2020

EX バトル・セレブ

言った、言わない、やった、やらない
戦い続くよ、どこまでも

よりにもよって自分の誕生日に「突然、別れを切り出され、夫が家を出て行った」というのは、タレントのマイリーン・クラス。しかし、夫クィンさんは、「いやいや、そんなの嘘っぱち。ずっと前から結婚生活にはひびが入っていた」と反論。今後、離婚に向け子供2人の親権とマイリーンの財産をめぐるバトルが繰り広げられるのは必至だ。

やった、やらない、言った、言わない。戦いの歴史はこの繰り返しだ。なんつって大げさか。それじゃま、ずっとちっちゃく、元(EX)恋人、元(EX)夫婦のEX同士は、高嶋政伸と美元の泥沼離婚裁判じゃないが、こじれるとこの「やった、やらない、言った、言わない」のバトルが続くよ、どこまでも。

家庭内暴力を振るった、振るってない、歯を折られた、折ってないでDV訴訟にもつれ込んだのは、俳優メル・ギブソンと元恋人のオクサナ・グレコリエヴァ。メルが彼女に慰謝料6000万円と娘ルチアちゃんへの養育費を先妻の子と同額支払うことで一応収束しているが、予断は許さじだ。

一方、サッカーのエリクソン元監督と5年前に破局した妖怪人間ベラ、もといナンシー・デロリオにも、ここへきて、エリクソン所有のロンドン・ベルグレイヴィアのフラットをめぐって「小競り合い」が勃発。彼から「ずっとここに住んでいいと口約束してもらった」と居座るナンシーに対し、「1年の期限付きだった」と主張するエリクソン。とうとう裁判沙汰に発展した。

仏俳優オリヴィエ・マルティネスと婚約中のハル・ベリーも、娘の養育・親権をめぐって元恋人のモデル、ガブリエル・オーブリーと意見が食い違い、ダラダラ裁判を続けいているクチ。また、先妻の子供たちが、リズ・ハーレイを「マミー2」と呼んでいることに、リズの婚約者シェーン・ウォーンと先妻が、「呼ばせるな」「呼ばせていない」と罵り合い。別れた男女に、大暑(対処)なし。

 
  • Facebook

スミス京子:1997年渡英。牡羊座、O型、火星霊合星、七赤金星、左利き。好きな英国人はジョー・ブランドとジョージ・アラガイア。整形するならファーン・コットンかケイト・モス。おいおい。

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ