instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Sun, 17 November 2019

村中大祐さん
Daisuke Muranaka
Artistic director / Conductor

肩書き
芸術監督、指揮者
村中大祐さん
経歴
東京外国語大学ドイツ語学科を卒業後、ウィーン国立音楽大学で指揮を学び、トーティ・ダル・モンテ国際オペラ・コンクール指揮部門「ボッテーガ」と第1回マリオ・グゼッラ国際指揮者コンクールで、いずれも第1位を獲得。20世紀を代表するモーツァルト指揮者の一人ペーター・マークの薫陶を受け、今年他界したクラウディオ・アッバードの下でも研鑽を積む。ベネチア・フェニーチェ歌劇場、パレルモ・テアトロ・マッシモ、新国立劇場(日本)や英国グラインドボーン・オペラ(アジア人初)などに登場。オペラとコンサートのいずれでも世界各地で絶賛を博している。
http://clubmuran.infohttp://afia.info
(Orchestra AfiA)

自然の美しさを表現する
音の中で癒された

2002年には日本人指揮者として初めてグラインドボーン音楽祭でタクトを振られたそうですね。

私の人生最初のマネージャーが英国人で、そのオフィスがストラトフォード=アポン=エイボンにありました。私は当時デビューして間もない指揮者でしたが、そのマネージャーが持ってきた英国での最初の仕事が、グラインドボーン音楽祭だったわけです。ある意味で一番英国らしい場所だったこともあってか、極めて東洋人には厳しい場所でした。私は音楽スタッフとして歌手の指導に当たっていたのですが、担当していたモーツァルトの「ドン・ジョバンニ」の指揮者が公演中に失神したため、急遽ジーンズからスーツに着替えて、ぶっつけ本番で指揮したことを、まるで昨日のことのように覚えています。その時に感じた印象は、オペラに対する感覚に「ウェット感」が少ないというか、フレーズに「粘り気」が少ない、サラッとした感じ。昔、BBCで放映されたシェイクスピア作品を観ているような気分でとても面白く感じましたね。

昨年はグロスターシャーで行われたチャールズ皇太子主催の演奏会で指揮をされたと伺いました。

チャールズ皇太子殿下が公演後に私の横浜の自宅にお送りくださったお手紙には、「thank you most warmly for your superb work」と書かれていました。「… and your marvellous conducting really allowed the richness of those lovely pieces to be experienced to the full…」ここまで言っていただけるとうれしいですね。聴衆の方が、「プリンス・チャールズはあなたが踊るように指揮するシューベルトに合わせて、身体を揺らしながら楽しんでいらした」と語っていましたから、きっと楽しんでいただけたのだと思います。音楽って良いですね。シンプルで言葉は要らないですから。

「自然と音楽」演奏会シリーズと銘打ち、現在まで何度もコンサートを実施されていますが、そのきっかけと目的を教えてください。

2011年の東日本大震災時、私はロンドンに滞在しており、自然の猛威に驚いた末、その2カ月後にイタリアのシチリア交響楽団と共演する際に追悼の意味を込めてドビュッシーの「海」など、海をテーマにした音楽を演奏したことが最初です。自然の猛威というよりは、自然の美しさを表現する音の中で自分自身が癒されたことから、それをテーマに据えようと決めました。

3月にカドガン・ホールで行われるコンサートは同シリーズの一環となるのでしょうか。

私は「自然と音楽」の趣旨を「ベートーベン以降の自然を表現する音楽」というところに据えております。共演するイギリス室内管弦楽団の芸術監督にその旨を伝えたところ、先方から「ぜひベートーベンを」という話が出てきました。ベートーべンの「交響曲第4番」は、私の中で「田園」と同じコンセプトに基づいたものです。プロコフィエフの「古典交響曲」については、彼が初めてピアノを使わないで書いた作品であり、ロシアの森を散策しながらつくり上げたという意味でも、「自然と音楽」のコンセプトにぴったりだと感じています。

アワード情報

私、村中大祐が2013年に設立したOrchestra AfiA(アフィア)やイギリス室内管弦楽団とともに推進する「自然と音楽」演奏会シリーズのコンセプトが、世界45カ国2000以上の音楽団体が加盟する「クラシカル・ネクスト(Classcal: NEXT)」(ドイツ・ベルリン)のイノベーション・アワード2016に最終10団体としてノミネートされました。詳細は下記サイトをご参照ください。
www.classicalnext.com/program/classicalnext_award/shortlist

 
  • Facebook

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ