ニュースダイジェストの制作業務
Wed, 10 August 2022

ロシアの液化天然ガスを買い続けるしかない - 商船三井のCEOが語る

Shipping boss says Japan has no choice but to buy Russian gas

「フィナンシャル・タイムズ」紙(電子版) 7月3日

「フィナンシャル・タイムズ」紙(電子版)は3日、日本はエネルギー価格の高騰に加え、原子力発電所再稼働の見通しが限られているため、ロシアの液化天然ガス(LNG)の輸入を継続する必要があるという、商船三井の橋本剛社長兼最高経営責任者の話を紹介した。

橋本氏は、最低限必要な電力を確保するには、長期契約で比較的安価に購入しているロシアのLNGに代わる実行可能な代替品が必要だが、それが不足していると述べ、「多くの原子力発電所を使用できないため、電力業界の需給バランスは非常に厳しい状況にある」と同紙に語った。同紙は、LNGと石炭のスポット市場が現在非常に高価なことも、ロシア産LNGが止められない理由の一つだと報道。日本の電力システムが厳しい熱波の影響を受けているなかで、ロシアは日本企業が22.5パーセント所有するサハリン2ガス運営会社の支配権を握る動きに出ており、安定したガス供給に不安が出ていると伝えた。

Japanese children allowed to talk again over lunch as Covid cases fall
日本の児童生徒、昼食中におしゃべりできるように

「ガーディアン」紙(電子版) 6月17日

「ガーディアン」紙(電子版)は6月17日、新型コロナウイルス感染者の減少に伴い、学校給食で行われていた「黙食」を見直し、会話を解禁する自治体が出始めたと報道。黙食は、飛沫感染を防ぐため2年にわたり全国の小中学校で行われていた。

Woman in Belgium elected mayor of Tokyo district more than 9,000km away in ‘huge surprise’ victory
杉並区の新区長はベルギー在住の日本人女性

「インディペンデント」紙(電子版) 6月22日

「インディペンデント」紙(電子版)は6月22日、東京都杉並区長選が同20日に開票され、無所属新人の岸本聡子氏が初当選したと伝えた。岸本氏は元ベルギー在住の研究者で、選挙当時は東京から9000キロ離れたベルギーに住んでいたと伝えた。

Japan high court rejects paternity harassment allegations
高等裁判所がパタハラの訴えを棄却

「インディペンデント」紙(電子版) 6月23日

「インディペンデント」紙(電子版)は6月23日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券元社員でカナダ出身のグレン・ウッド氏が起こしていた、育休取得などで男性がハラスメントを受ける「パタハラ」の訴訟は、2審でも敗訴したと伝えた。

Perfect cherry fetches £240 as Japanese show passion for fruit
サクランボ1粒に240ポンドの買い値

「タイムズ」紙(電子版) 6月27日

「タイムズ」紙(電子版)は6月27日、青森県産の高級サクランボ「青森ハートビート」の初競りが行われ、1箱60万円、1粒4万円の値が付いたと紹介。また、日本の果実は大きくて甘く、クッションに並べられ木箱入りの姿で売られていると述べた。

 
  • Facebook

JFC ゆめにしき
Embassy of Japan
バナー バナー バナー londoniryo_dental

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ