Bloomsbury Solutions
Sun, 23 June 2024
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

夜明けのブレス by チェッカーズ

Dear ドモンさん
留学生活を終えた後、英国人の彼氏と5年間の遠距離恋愛を続けていた私の親友が、ついに日本で結婚します。ロンドンから日本の式場に電報を贈ってあげたいと思うのですが、実は電報を贈る費用って結構高いことが分かり、予算の関係上、できれば文字数を20文字以内に収めたいと思っています。土門さんだったら、どんな言葉を贈ってあげますか。

回答

おいおい、電報代くらいケチるなってっ!(怒)

ま、こんなこと言ったらもう回答終了になっちまうので、あれなんですけど、電報代ケチるなんて本当に親友なんですかね。私だったら電報だけじゃなく花輪くらいデーンと贈っちゃいますよ。その上、一番の親友だったら英国からでも披露宴に駆け付けて、新婦の友人たちと一緒に「てんとう虫のサンバ」歌っちゃいますよー(もちろん私のギター伴奏で)。

そんなんで、もう書くこともないので勝手に進めますが、例えば、1ポンドの物を1割安く買ったところで、得は10ペンスです。得は得ですが、計算してみてください。それを毎日1年間続けたところで、36ポンド+50ペンスですよ。確かにいくらか得にはなりましたが、そんなのに神経使うくらいだったら、もっと稼ぐこと考えましょうよ。ただし同じ1割でも、1万ポンドを1割節約するんだったら話が違います。えーですから結局、たかが数ポンドだか数十ポンド節約して親友への電報代をケチるなんて、愚の骨頂だと私は言いたいのですよっ!

そんなあなたに
夜明けのブレス
by チェッカーズ

1990年発売。当時の結婚式の定番曲でしたねえ……。数年前にロンドン・テニス同好会のクリスマス・パーティーで、結婚するカップルのために歌った記憶があります(離婚してないよね?)。もし私が贈るんでしたら「電報代節約の為20文字しか贈れずすいませ」ですかね(笑)。文字数など気にせず、あなたらしい素敵な言葉を彼女に贈ってくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

24時間365日、安心のサービス ロンドン医療センター Sakura Dental Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street 日系に強い会計事務所 グリーンバック・アラン

hyper-japan-202406 JRpass

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ