ニュースダイジェストの制作業務
Fri, 19 July 2024

本当に使える会計

経営において会計は身を守る防具だけでなく、勝ち抜くための武器にもなります。英国日系企業の経営者が知っておきたい会計トピックを、会計のプロが分かりやすく解説。

第175回: ECCTA 2023 カンパニーズハウスの新たな権限

2023年経済犯罪および企業透明性法(ECCTA 2023)が制定されたことで、カンパニーズハウスに重要な権限が新たに与えられ、その役割が情報の受け手から能動的なゲートキーパーに変わりました。最初の変更点は2024年3月4日に施行されました。

どのような追加がありますか。

情報を照会する権限の強化、会社名のチェックの強化、登記上の会社住所に関する新たな規則、適切な電子メールアドレスの登録義務、会社が合法的な目的で設立・運営されていることの確認、不正確な情報や誤解を招く情報の抹消や注釈を付す権限、ほかの政府省庁や執行機関とデータを共有する権限などがあります。

かなり広範囲に及びますね。会社役員として注意すべき点は何でしょうか。

使用されていない電子メールや住所を一掃することを目的とした新しい措置があります。会社は、「適切なメールアドレス」を保持することが義務付けられ、その定義は「通常の連絡時に登記官から会社に送られた電子メールが、会社を代表して行動する者の目に留まると想定されること」です。この登録メールアドレスは、公開されている登記簿には掲載されません。同様の要件が登記上の会社住所にも適用されます。会社は、変更後の最初の年次確認書で、その住所が引き続き適切であると宣言しなければなりません。また、私書箱の住所を登記上の会社住所として使用することも禁じられます。ただし、適切な住所の定義に合致していれば、第三者の代理人の住所を引き続き使用できます。

上記のほかに変更点はありますか。

カンパニーズハウスの権限に関する変更の多くは、その詳細が行政法やECCTAに対するそのほかの改正で定められるため、実際にどのように行使、施行されるかは今のところ不明です。こうした法案を作成し、議会に提出するまでには、数カ月かかることもあります。今後の変更点には、以下のようなものがあります。

● 取締役とPSC (People with Significant Control) の本人確認

ECCTAは、詐欺などによるシステムの悪用を防ぐため、カンパニーズハウスへの主要な届け出に、本人確認を組み込みます。これにより、アニメのキャラクターや架空の人物が取締役やPSCとして登記されることを防ぎます

● 法定会計の変更

ECCTAでは、小規模企業の決算書の透明性を高めるための措置が導入されました。これまでは、提出が必要なのは貸借対照表のみでしたが、損益計算書の提出が義務付けられます。また小規模企業は、取締役報告書の提出も義務付けられます。カンパニーズハウスが企業会計で目指しているのは、安全で透明性が高く、デジタル・タグを用いた追跡可能な簡素化された決算書類の提出方法です

● 法人取締役の制限

法人を取締役にすることで混乱しがちな状況を掃討するため予定されているのが、2015年の中小企業法で導入された規程の施行です。この規程では、法人取締役となる企業の取締役全員が自然人で、身元が確認されていない限り、その法人を会社の取締役とすることはできません

*この記事は一般的な情報を提供する目的で作成されています。更なる情報をお求めの場合は、別途下記までご相談ください。

スタッフ募集

グリーンバックアランでは事業拡大につき、監査・会計・税務の各部署にてスタッフを募集しています。有資格者・経験者優遇。トレーニーも考慮(資格取得サポートあり)。応募を希望される方は、下記連絡先までCVをお送りください。

Greenback Alan LLP
89 Spa Road, London SE16 3SG
Tel: 020-7403-5959
Email: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください (日本語可)

ジョン・フィッシャー ジョン・フィッシャー
監査・会計 パートナー
Ernst & Young、野村證券を経てグリーンバック・アランへ。会計技術はもちろん、高度なビジネス日本語を操り、日系顧客から大きな信頼を寄せられる。日本語スピーチコンテストでは2年連続入賞。

財務
 

パートナー&アソシエートパートナー

  • 会計パートナー陣スティーブン
  • 会計パートナー陣ジョン
  • 会計パートナー陣イアン
  • 会計パートナー陣祐介
  • 会計パートナー陣チー
  • ショーナショーナ
  • 浦崎絵夢浦崎絵夢

当記事はあくまでも一般的な情報を提供する目的で作成されており、専門的なアドバイスを目的としたものではない為、これを受けての対応は独自の責任の下で行ってください。
正式なアドバイスは、全体的且つ詳細状況を把握した上にのみに提供される必要があります。また、ここに記載の情報は、執筆当時において最も正確なものとして提供を行っています。
更なる情報やアドバイスをお求めの場合、別途下記までご連絡ください。

グリーンバック・アラン LLP
「日系に強い会計事務所」として長年にわたり多くの日系クライアントに、会計、監査、税務、各種アドバイスから経理業務まで幅広いサービスを提供。迅速かつ的確な対応をお約束いたします。日系部署が、窓口から実務まで日本語にてサポート。

グリーンバック・アラン LLPGreenback Alan LLP
89 Spa Road, London SE16 3SG
Tel: 020-7403-5959
Email: reception@gballp.com(日本語可)
Website: www.gballp.com
Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street お引越しはコヤナギワールドワイド 不動産を購入してみませんか LONDON-TOKYO Sakura Dental

JRpass bloomsbury-solutions-square

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ
バックナンバー