Bloomsbury Solutions
Sat, 24 February 2024

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

地下鉄ピカデリー線が新車両を導入、すでに安全面で問題発生

2025年夏に導入予定のピカデリー線の新しい車両に関して、安全性への懸念がささやかれている。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

この新型車両は冷房を完備した、車両間の通り抜けができるウォーク・スルー式のデザインを採用。車内の収容能力が増加し、ピーク時の列車の本数も1時間あたり24本から27本に増えるとのこと。うれしいニュースではあるが、しかし新車両は45年前にできた既存の車両より長く、一部の駅ではホームの端を削る必要があるらしい。そのため、27年まで並行して使われることになる古い車両を乗り降りする際は、電車とホームの間に大きな隙間が生じ、大変危険な状態になるという。湾曲したホームに大きな隙間があることで有名なウォータールー駅では、かつてベーカールー線の乗客が電車とホームの隙間に転落死した事故もあった。ロンドン交通局(TfL)は新車両導入を前に、事故防止のための対策を早急に編み出す必要を迫られている。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

24時間365日、安心のサービス ロンドン医療センター 日系に強い会計事務所 グリーンバック・アラン 不動産を購入してみませんか LONDON-TOKYO お引越しはコヤナギワールドワイド

JapanHouse_202402 JRpass

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ