instagram Facebook ツイッター
日経電子版Pro
Fri, 04 December 2020

ブランド創立50周年伝統遊び心=ポール・スミス
The Joy of Individuality

1970年、ノッティンガムに自分の店を持ったポール・スミス1970年、ノッティンガムに自分の店を持ったポール・スミス

伝統とモダンを融合させた独創性の高いデザインで、英国のファッション界をけん引するポール・スミス。1970年に英中部ノッティンガムで自身の名を冠したブランドを立ち上げ、以来、色鮮やかなストライプや写真プリントの布地など、ひねりの効いた遊び心にあふれるデザインで世界中のファッショニスタの心をつかんできた。今回は、10月9日にブランド創立50周年を迎えたポール・スミスの、デザイナーとしての心意気とその哲学を紹介しよう。
文: 英国ニュースダイジェスト編集部

自転車レーサーになりたかった少年時代

ポール・スミスは1946年7月5日、英中部ノッティンガムのビーストンに生地販売業者の息子として誕生。11歳の誕生日にロード・バイクをもらって以来、地元の自転車クラブに入会するなどし、ツール・ド・フランスに出場するようなプロの選手になることを夢見た。人生のこの時期、まだファッションへの興味は薄かったようで、「スポーツに見た目は重要ではない、などと言うつもりはないが、見た目よりも遠くを見ることの重要性を学んだ時期だった」と2016年のバイク雑誌の取材に答えている。当時入会していたクラブにいた2人の少年を回想し、「完璧なサイクリング用具一式を持っていた少年より、当時のクラブでは誰も履いていなかった黒いソックスに、だらしない格好をした少年の方が良い選手だった」「人生の成功にとって着飾ることが重要なわけではないと教えてくれた」。デザイナーとして一見逆説的ともいえる言葉だが、「見た目は中身が伴ってこそ」という、サイクリングを通して養われた、地に足の着いたポールの美学が垣間見られる。

15歳で学校を自主退学し衣料品の倉庫で働きだしたが、自転車レーサーになる夢は捨てきれず、仕事の合間、日々練習に励んでいた。ところが、17歳のときに交通事故に遭う。3カ月近く入院する大けがで、これをきっかけに自転車レーサーの夢は手放すことになった。しかし入院中に知り合った新たな友人を通じ、アート・スクールの学生たちと出会い大きな影響を受ける。生涯にわたる、デザイン、音楽、ファッションの発見と探求の旅が、ここから始まった。

1970年、ノッティンガムにオープンした「ポール・スミスの紳士服」(Paul Smith Vêtements Pour Homme)で働くポール・スミス1970年、ノッティンガムにオープンした「ポール・スミスの紳士服」(Paul Smith Vêtements Pour Homme)で働くポール・スミス

パートナーとの出会い

ファッション・デザインに目覚めたポールは、テーラリングの夜間クラスに通い、布の裁ち方といった初歩から、洋服の仕立てを学んだ。修了後は、ロンドンのサヴィル・ロウにあるオーダーメードの高級紳士服店「リンクロフト・クロージング」(Lincroft Clothing)でテーラリング販売の代理店として働いた。このころ、長年のビジネス・パートナーであり、現在の妻でもあるポーリーン・デニア(Pauline Denyer)と出会う。当時、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生だったポーリーンは、ポールがビジュアル・アートや映画といった教養に触れるきっかけを作った。ポールは「(ここに至るまでの)全てはポーリーンがいなければ実現できなかった」と語る。ポーリーンの存在は、ポールのデザインや制作技術の向上にも大きな貢献を果たし、以来、二人三脚での活動が始まった。

2016年、デザイン・ミュージアムのオープニング・パーティーに現れた、ポール・スミスと妻のポーリーン・スミス2016年、デザイン・ミュージアムのオープニング・パーティーに現れた、ポール・スミスと妻のポーリーン・スミス

1970年、24歳のポールは、故郷ノッティンガムに自分の店「ポール・スミスの紳士服」(Paul Smith Vêtements Pour Homme)をオープン。ケンゾーやマーガレット・ハウエルなど、当時名の知られ始めたブランドのアイテムとともに、ポールが自身でデザインした商品を販売した。ショップはわずか3メートル四方の広さで、窓がなく、開店は金曜日と土曜日のみ。ポールはそこで、文字通りの対面販売をした。色や柄による鮮やかな裏地やコントラストのある袖口、珍しいボタン使いなど、今でこそ紳士服に定着しているデザインの多くは、このころのポールが、ポーリーンと一緒に編み出したものだった。

1976年にパリで最初に行ったショーの様子1976年にパリで最初に行ったショーの様子

来日回数はこれまでに100回以上

ポール・スミスのキャリアを語るうえでたびたび引き合いに出されるのが「日本での成功」だ。現在ポール・スミス ブランドは、世界70カ国以上の国と地域で取り扱われ、そのうち150店以上が日本に集中している。ポールへのインタビューの際に、なぜ日本人はそんなにポール・スミスが好きなのか、と尋ねるメディアも少なくない。

ポールが初めて日本を訪れたのは1982年、1979年にロンドン1号店を出したわずか3年後だった。当時バブル経済期の真っただ中だった日本は、欧米から多くのデザイナーを招へいし、ブランド・ビジネスの展開を始めた時代。ポールは日本や日本の文化に造詣が深いわけではなかったが、持ち前の好奇心で日本を訪ねた。まだ海外ブランドとのビジネスに不慣れな日本と、英国のブランドとして始動したばかりのポール・スミス。両者は互いに手探りで日本進出に向かって歩み始めた。このころのポールは年4回、それぞれ2週間ずつ日本に滞在しては、日本人向け商品の開発を行っている。ポールの明るい性格とユーモア、そして実直で礼儀正しい人柄は日本のビジネス界での信用獲得につながった。1984年には伊藤忠商事と契約し、日本に正式進出を果たす。ポールはインタビューで、「日本でのビジネスの仕組みは、ほかとは全く異なる。金銭だけではなく、信頼関係を大切にする」「日本人は私と長期のビジネス関係を結び、私が市場を理解する時間を与えてくれたんだ」と語っている。

2017年のロンドン・ファッション・ウィーク2017年のロンドン・ファッション・ウィーク

英国のメンズウエアを軽やかに

ポール・スミスのデザインを語る際、鮮やかな色、花柄、あるいはマルチカラーのストライプといった表面的な特徴が取り上げられることが多い。しかし、最大の特徴はそのシンプルさだといえる。郵便局員のワーク・コートやノッティンガム地方のツイード・ジャケットなど、ポールが少年時代に接した伝統的な英国のメンズウエアに触発された、シンプルでクラシックな仕立てこそが身上だ。ポールは自分のデザインを「良質で、シンプルなカットで、面白い生地で、着心地が良い」と説明する。カジュアルなファッションに押されて売り上げが低迷し、古色蒼然とした堅苦しい印象を与えがちだった英国の伝統的なメンズウエアに、明るさと軽やかさを加え、その魅力を世界に再認識させた功績は大きい。

そうしたポールの感性は、「クール・ブリタニア」のムーブメントともマッチし、「ニュー・レイバー」(新しい労働党)を旗印にしたトニー・ブレア元首相もポール・スミスのスーツを愛用した。2008年からは、マンチェスター・ユナイテッドFCの公式スーツもデザインしている。さらに2011年には、映画作品のクリエイティブ・コンサルタントとして参加するなど、軽やかにジャンルの境を超え続けているポール・スミス。ブランド創立50周年を迎え、今後はこれまでにも増して、率先して若い才能を迎え入れる方針だという。新たなファンの獲得はもちろん、昔からのファンをもニヤリとさせる、ひねりの効いた作品がこれからも生み出されることだろう。

ポール・スミスの歩み

1970
ノッティンガムに初のショップを開店
1976
パリで初のメンズ・コレクションを発表
1979
ロンドンのコベント・ガーデンにロンドン1号店を開店
1984
東京に初のショップが開店
1987
米ニューヨーク5番街に路面店が開店
1993
初のウィメンズ・コレクション「ポール・スミス ウィメン」を発表
1994
エリザベス女王から大英帝国勲章(CBE)を与えられる
1995
デザイン・ミュージアムで、創立25周年記念のエキシビション「トゥルー・ブリット」を開催
2000
エリザベス女王からナイト(Sir)の称号を与えられる
2004
オンライン・ショップを立ち上げる
2010
子ども服 「ポール・スミス ジュニア」を発表
2013
ロンドンのメイフェアに旗艦店を開店
2013
デービッド・ボウイのアルバム「ネクスト・デイ」のためのTシャツを製作
2014
デスク・ランプ「アングルポイズⓇ」(AnglepoiseⓇ)とのコラボレーションを開始
2018
トラベルケースの老舗「グローブ・トロッター」とのコラボレーションを発表
2020
創立50周年を迎える

デザイン照明の老舗「アングルポイズⓇ」社とのコラボレーション・デスクランプデザイン照明の老舗「アングルポイズⓇ」社とのコラボレーション・デスクランプ

2013年にデザイン・ミュージアムで開催された「ハロー・マイ・ネーム・イズ・ポール・スミス」展では、あらゆるモノであふれかえる、ポール・スミスのオフィスのレプリカが展示された2013年にデザイン・ミュージアムで開催された「ハロー・マイ・ネーム・イズ・ポール・スミス」展では、あらゆるモノであふれかえる、ポール・スミスのオフィスのレプリカが展示された

ポール・スミス創立50周年を記念するアイテム
Paul Smith Celebrates 50 years

書籍

ポール・スミス創立50周年を記念し、ポールにインスピレーションを与えた50のモノをフィーチャーした書籍、「ポール・スミス」(ファイドン社刊。日本語版は青幻舎より11月発行)を出版。形に残るものが欲しいというポールの意向から生まれたこの本は、友人でありTC &フレンズ(TC & Friends)の創業者兼クリエイティブ・ディレクターでもあるトニー・チェンバースが編集。アップルの元CDO(最高デザイン責任者)、ジョナサン・アイブが序文を寄せている。1976年にパリで行われた最初のファッション・ショー、アイコニックなストライプ柄が進化していく様子、最新のコレクションのラインナップ紹介、友人や仕事仲間として交流してきた、マノロ・ブラニク、ジェームズ・ダイソン、マーティン・パー、ジョン・ポーソン、アリス・ローソーンなどから送られた手紙やドローイング、写真なども収められている。ファン必読の1冊だ。

Paul Smith

Paul Smith
Phaidon Press Limited
£49.95
264頁(270mmX205mm)
https://uk.phaidon.com

カプセルコレクション

ポールは1980年代、メンズウエアに写真プリントを初めて取り入れたデザイナーの1人で、プリント・デザインのパイオニアとしての評判を確立した。50周年を記念したカプセルコレクションでは、1988年から2002年までのグラフィックを復活させ再編集。これまでの歴史に新たな息吹を吹き込んだ。コレクションは、メンズとウィメンズのカジュアル・ウエアを中心に構成。ジャージ、ボンバー・ジャケット、シャツ、スニーカー、バッグ、革小物などが並ぶ。

メンズ・ジャケット 「SEED PACKET」

メンズ・ジャケット 「SEED PACKET」
1988年春夏コレクションで発表。ロンドンのコベント・ガーデンにあった老舗園芸店で購入した花の種のパッケージがインスピレーションとなったプリント。上品な小花柄が主流であった当時、鮮やかでヴィヴィッドなメンズのためのフローラル・プリントはかなり斬新なものだった。

メンズ・ウォッチ 「Archives」(日本限定販売)

メンズ・ウォッチ 「Archives」(日本限定販売)
アーカイブ・モデルのカラーリングを復刻した新作メンズ・ウォッチの裏蓋には、1970年にデザインされたブランド最初のロゴが刻印されている。これは、初めて開いたノッティンガムのショップで、当時キャッシュ・レジスターとして使用していた、アンティークのシガレット・ケースのデザインがインスピレーション源となっている。

ポール・スミス店舗情報

ポール・スミスのロンドン店舗は路面店だけでも10店。旗艦店のNo.9 アルバマール・ストリート ショップは、メンズ、ウィメンズ、アクセサリー、シューズを扱うほか、ギャラリー・スペース、世界中から集められた貴重な家具のショー・ルームも備えている。

ポール・スミス店舗情報No.9 アルバマール・ストリート ショップの外観

ロンドン旗艦店
Paul Smith Flagship Shop
9 Albemarle Street, London W1S 4BL
Tel: 020 7493 4565
Piccadilly Circus駅
月~土 11:00-18:00
www.paulsmith.com

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

JSTV
バナー バナー バナー バナー

ニュースダイジェストのグリーティング・カード
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ