instagram Facebook ツイッター
mizkan
Fri, 04 December 2020

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

一晩経ったカレーがおいしい理由が判明

カレーなどのテイクアウェイ食品が翌日温めなおされることでさらにおいしくなるのはなぜか。食の科学を研究するプロに話を聞いた。「ガーディアン」紙が伝えた。

オックスフォード大学のチャールズ・スペンス氏によれば、カレーには20~30種類のスパイスが使われているが、一晩置かれることで個々のスパイスが溶け合い均一になり、まろやかさが引き立つ。また、肉のコラーゲンはいったん冷えて固まりゼリー状になるが、温めなおすことでそれが溶け、以前より口当たりが良くなるという。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

ニュースダイジェストのグリーティング・カード
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ