Bloomsbury Solutions
Sun, 25 February 2024

小林恭子の
英国メディアを読み解く

小林恭子小林恭子 Ginko Kobayashi 在英ジャーナリスト。読売新聞の英字日刊紙「デイリー・ヨミウリ(現ジャパン・ニュース)」の記者・編集者を経て、2002年に来英。英国を始めとした欧州のメディア事情、政治、経済、社会現象を複数の媒体に寄稿。著書に「英国メディア史」(中央公論新社)、共著に「日本人が知らないウィキリークス」(洋泉社)など。

新型コロナ危機で膨らむ公的支出

新型コロナウイルスへの感染を防止するため、外出禁止令が敷かれたのは3月23日のことでした。その後、感染者数および死者数の伸びが減少の兆しを見せ、5月13日からようやく段階的に解除されつつあります。
続きを読む...
 

新型コロナウイルスでワクチン開発競争

新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、ロックダウン状態が続いています。この状態から抜け出すためにも、ワクチンや治療薬の開発・実用化が待たれますが、4月23日、オックスフォード大学で欧州初の「新型コロナウイルス感染症」(COVID-19)予防ワクチンの臨床試験が始まりました。英国は世界に先駆けて開発に成功する国になるでしょうか。
続きを読む...
 

最大野党・労働党の新党首スターマー氏が抱える山積みの問題とは

新型コロナウイルスのニュースに追われるこのごろですが、4日、その陰に隠れたような格好で最大野党・労働党の新党首が選出されました。
続きを読む...
 

新型コロナウイルスNHSは感染者急増に対処できるか

新型コロナウイルスの感染拡大がなかなか止まりません。3月23日、ボリス・ジョンソン首相は官邸からテレビ演説を行い、国民に向けて不要不急の外出禁止を発表しました。
続きを読む...
 

国際女性デーに考える英国女性の社会参加度

3月8日は国際連合が定めた「国際女性デー」でした。毎年この日は、女性への差別撤廃と地位向上を訴えるデモ行進が世界中で行われます。
続きを読む...
 

新型コロナウイルス 世界中で感染者拡大、英国は大丈夫か

日を追うごとに、新型コロナウイルスが世界中に感染を拡大させています。中部の都市武漢(Wuhan、人口約1090万人)で第一例目の感染者が公式に報告されて以来、、3月2日時点で合計8万8913人の感染者と3043人の死者が出ています。
続きを読む...
 

EU離脱の第2幕「自由貿易」「カナダ型」「オーストラリア型」とは?

英国の欧州連合(EU)からの離脱が実現して、3週間ほどが経ちました。来月から、いよいよ英政府とEU側は新たな関係構築に向けた交渉を始めます。
続きを読む...
 

BBCへの逆風TVライセンス料の将来はどうなる

このところ、私たちが毎日のように利用するBBC(英国放送協会)に対する逆風が強くなってきたように見えます。
続きを読む...
 

ヘンリー王子とメーガン妃が公務退き、称号返上へ英国民に大きな衝撃

年明け早々の8日、エリザベス女王の孫にあたるヘンリー王子と妻のメーガン妃が、夫妻のインスタグラムのアカウントを使って、王室の中心任務を担う「シニア王族」の立場から退くことを宣言しました。女王や他の王族に事前の相談はなく、「寝耳に水」の宣言でした。
続きを読む...
 

スコットランド再度の住民投票は実現するか ブレグジットを機に、独立の夢が再燃

昨年末の総選挙では、英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)実現を掲げた与党・保守党が大勝する一方で、スコットランドの独立を掲げる地域政党スコットランド民族党(SNP)が大きく躍進しましたね。
続きを読む...
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

10 / 18 ページ
  • Facebook

お引越しはコヤナギワールドワイド 24時間365日、安心のサービス ロンドン医療センター Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street 不動産を購入してみませんか LONDON-TOKYO

JapanHouse_202402 JRpass

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ