instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Fr. 06. Dez. 2019

ドイツ歯科事情

ドイツの歯科治療の話になると、「すぐに歯を抜こうとするから行きたくない」「ドイツ人の大きな手で歯を治療されるのは嫌だ」「全身麻酔をすることもあるから怖い」と、事実かどうかは別として、ネガティブなイメージが先行しがちです。しかし、日独どちらも世界に誇る先進国。医療の基本は同じはずなのに、なぜこんなにも認識に差があるのでしょう。当コラムでは、実際の日本とドイツの歯科治療の違いや、国民性や社会的背景も踏まえてお伝えいたします。

歯科医師 宮川順充
1971年札幌生まれ。95年歯科医師資格、2003~07年オーストリア・ドナウ大学院大学の講師およびルドルフィナーハウス病院内歯科医院(ウィーン)勤務。08年歯科医療技術インスティテュート IDEA(カリフォルニア)顎機能矯正学部門講師。09~13年ランドハウス歯科医院勤務。14年より同院の経営パートナー。 www.landhausstrasse.com

歯周病について 1

歯科医院に行ったときに限らず、テレビや雑誌の広告で、「歯周病」という言葉を目にする機会があるかと思います。名称としては一般に知れわたっている歯周病ですが、虫歯と並ぶ歯科2大疾患の一つだということはご存じでしょうか。実は、「人類史上最も感染者の多い感染症」としてギネスブックに載っているほど、歯周病は身近な病気です。しかし、実際にどのような病気であるか、きちんと理解している人は少ないというのが実情です。そこで、今回から2回にわたり、歯周病とはどんな病気なのかという基本情報から、その予防や治療法までをお伝えしたいと思います。

歯周病は、別名「歯槽膿漏」とも呼ばれ、症状が進行するとその名の通り、腫れた歯茎から膿が出てくることがあります。これは、歯周病菌が歯茎や骨に感染を起こした際に、免疫細胞が身体を守るために細菌と闘い、崩壊したものやその残がいです。日本では、45〜54歳の中年層の88%の人に歯周病の兆候が見られ、歳を追うごとに症状が悪化する傾向にあります。

進行した歯周病
40代後半男性の、進行した歯周病

口の中には700種類以上の細菌が存在しますが、歯周病の原因となる菌はそれほど多くなく、おおよそ10~20種類といわれています。これらは嫌気性菌と分類される細菌で、「空気を嫌がり、空気に触れない部位で増殖する」性質を持っています。そのため、歯周病は歯肉から歯槽骨へと奥深く侵入し、細菌が作り出す毒素によって、症状を悪化させるのです。

歯周病は口腔内だけの病気と考えられていましたが、近年では様々な全身疾患との関連が証明されています。例えば、心臓病患者の疾患部位からは歯周病菌が多く発見されており、これは歯肉の血管を通った歯周病菌が心臓に移動して、炎症を引き起こしているためと考えられます。

また、妊婦の羊水にも歯周病菌が侵入することが分かっており、米ノースカロライナ大学の研究では、歯周病のない口腔内が健康な妊婦の早産率が6%であるのに対し、歯周病に罹患し、妊娠中に悪化した妊婦では、早産率が43%にまで上昇したとのことです。

そのほかにも、歯周病が糖尿病の危険要因であることが知られており、歯周病治療を行うことによって、血糖値が低下するとの報告もあります。近年では、がん疾患と歯周病にも直接的、間接的に関連している研究結果も出ており、今まで考えられていた以上に、歯周病によって健康被害が始まっていたり、症状を悪化させていることが分かってきました。身体の健康を維持するためにも、歯周病治療の重要性に注目が集まっています。

さて、以下は自分でできる簡単な歯周病のセルフチェックリストです。ご自身で「歯周病危険度」をチェックしてみてください。次回は、「歯周病の予防と治療」についてお伝えします。

歯周病危険度

 

習い事&スクールガイド ロンドンのゲストハウス 日本メディカルセンター" ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心

ロンドンのゲストハウス