FacebookツイッターRSS feed
ドイツ留学
Mo. 01. Mai. 2017

イースター、チョコの売り上げはクリスマス以上!

Eメール 印刷

ドイツのイースターは、クリスマスのように家族で過ごす人が多く、高級食材の売り上げが急激に上がる小売店にとっては重要な期間だ。食料品の中でも菓子の売り上げが年間で最も多く、クリスマスシーズンをも上回る。市場調査会社ニールセンによると、ウサギの形をしているチョコレートやイースターエッグ、関連アイテムに、ドイツ人は総額で約4.5億ユーロも費やしている。また、子供に贈るおもちゃの売れ行きも好調。イースターの際は、予算10~40ユーロの小さい贈り物が主流であるため、クリスマスの売り上げにはかなわないが、おもちゃ産業はクリスマス、誕生日と並んでイースターを年間3大重要機会と捉えている。また、イースター後は、アウトドア・シーズンの到来。ガーデン用品や植物の需要が増える。

 

2016年、ドイツで人気の名前は?

Eメール 印刷

昨年、最も人気があった名前をドイツ語協会(GFDS)が発表した。女の子は1位「Marie」、2位「Sophie」、3位「Sophia」。男の子の1位は「Elias」、2位「Alexander」、3位「Maximilian」。2016年は古風な名前に人気が集まったが、もちろん、珍しい名前を好む親もいる。戸籍役場は昨年から「Fips」「Kuddel」「Twain」などの名前を許可した。一方、「Shaggy」「Urmel」「Ferrari」「Bandito」は却下。ドイツでは、子供の権利を保護するために、戸籍役場で親が希望する名前を却下することがある。却下する際は、多くの場合、言語学者の判断に従っているという。GFDSによると、親にとっては、自分の子どもが特別な存在だからと、ほかにはないような名前を付けたいという願望が芽生えるとも。本人は珍しい名前を気に入っていないことが多いという。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

日本人ソムリエによるドイツワイン醸造所ツアー Japan Airlines ニュースダイジェストで働きませんか?
Step In ドイツの保険 ドイツのラーメン、うどん - ドイツ・イギリス・フランス・ベルギーの麺もの大特集! バナー バナー フランクフルト、デュッセルドルフでのお住まい探し ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

日本人が経営する欧州の宿
ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択