Facebookツイッター
バナー
So. 22. Apr. 2018

EUで新たな消費者保護規正法が適用

Eメール 印刷

今月11日から発がん性があるといわれている「アクリルアミド」の規制に関する新たな規則がEUで適用された。食品メーカーや飲食店などではこの規制を厳守しなければならない。アクリルアミドとは特定のアミノ酸及び糖類を焙煎、焼く、油で揚げるなど熱することによって化学反応を起こし、形成される化学物質のこと。特にフライドポテトなど、炭水化物を多く含むものを高温で加熱調理した食品に含まれている可能性が高い。この規則では、食物中のアクリルアミドのレベルを下げるためにいくつか守らなくてはいけないことを規定している。家庭でも同じように調理方法によってはアクリルアミドが形成されることがあるため、消費センターでは揚げ時間を約3.5分に制限し、温度は最大175℃に設定することを推奨している。

 

早くから保育所に通うメリットは?

Eメール 印刷

ドイツ経済研究所によると、1年早く保育園や幼稚園(Kindertagesstätte、以下Kita)に通った子供は、青年になった時点でよりコミュニケーション力が発達して、物事に積極的に取り組む傾向があることが分かった。これは早期にKitaに通う子供について、長期的な影響を調査したもの。調査は1990年代末に3歳の時点でKitaに通うことができた人と、4歳から通い出した人を比較。その結果、約15歳になった時点で1年早く入園した人の方が外向性や協調性などが7〜8%高かったという。ドイツでは2013年以降、3歳以下の子供はKitaに入る権利があり、Kitaの数を増やすことが決まったものの需要を満たせていないのが現状だ。また、教育スタッフの養成、フォローアップ時間を増やすことも課題となっている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Panasonic製品 15%OFF 北海水産 お魚特別販売会 4月28日デュッセルドルフ Japanese Product HIS ツアー ボルシア・ドルトムント VIPチケット
Japan Travel SIM 日本メディカルセンター バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択