Facebookツイッター
ミュンヘン・インターナショナル・スクール
Sa. 20. Jan. 2018

家賃も上昇、深刻化する住宅問題

Eメール 印刷

今日、ドイツでは手頃な価格の住居を見付けることが容易ではない。ドイツ・カリタス連盟の調査によると、ドイツ全土で家賃上昇と住宅不足が問題になっている。この調査では回答者の74%は家賃の上昇によって今まで住んでいた家を失うリスクがあると答え、5人のうち4人(79%)が家賃の上昇により貧困に陥る危険性があると回答。低所得者はもちろん、問題は中流階級にも影響が出ているといい、例えば看護師、警察官、教育者でさえも悩まされているという。また、住宅不足の主な理由の一つとして、公営住宅が減っていることが挙げられる。カリタス連盟によると1987年には390万軒あった社会住宅が、2015年には130万軒だったという。同連盟は連邦、州、地方自治体に解決策を提示するべきだと主張している。

 

活気に満ちたドイツの観光業界

Eメール 印刷

2017年は観光業界の動きが活発だったドイツ。ドイツの航空交通管制(DFS)の数字によると、2017年12月24日までに2016年度よりも3.7%増加した。そのため昨年末までの航空交通量は、過去最高記録を出した2008年を大幅に上回る予定だという。この傾向は、ドイツのホテル業界においてもみられる。ドイツホテル協会によると、昨年10月までに売上高は3%増加しており、2018年の売上も実質的に1.5〜2%増加すると予想。宿泊だけではなく、会議や議会の場所として利用することも一般的に定着している。しかし、売上高よりもコストが急上昇したため、収益状況は理論通りにはいかないのが現実のようだ。ドイツホテル協会は今後数年間でホテル業界がさらに拡大すると予想している。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS 初夢フェア ボルシア・ドルトムント VIPチケット
バナー 日本メディカルセンター ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー バナー 習い事&スクールガイド

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択