instagram Facebookツイッター
ハーグ条約について
Sa. 23. Mär. 2019

ますます増加する養蜂家

Eメール 印刷

ドイツでは養蜂の人気が高まっていて、その数は約10年間増え続けている。ドイツ養蜂協会(DIB)の会員数は前年度よりも5.4%増加。ベルリンなど大都市でも養蜂家コミュニティが成長し、ミツバチの保護、都市の自然、生物多様性に対する取り組みなどが見受けられる。自然に対する関心も高まっており、ミツバチが原因不明に大量に失踪する「蜂群崩壊症候群」に興味を持ち、養蜂家コミュニティに参加するケースも。ドイツでは、年間および一人当たり1.1キログラムの蜂蜜が消費されているという。

 

診察予約のキャンセルで違約金の請求は正当?

Eメール 印刷

専門医師との診察予約をキャンセルした場合、一部の医師は違約金を科すことがある。医師側としては機器や人員が準備されている診療や検査に関しては違約金は否めないとする意見があるが、消費者センターは反論。予約がキャンセルされたとしても、通常は業務に支障をきたすことはないとしている。健康保険も違約金の請求は正当化されず、医師と患者の関係の混乱を招くとみている。最近は医師が予約管理を機械に任せて、SMSなどでリマインドをすることも。新たな解決策として注目されている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー
バナー 日本メディカルセンター ロンドンのゲストハウス ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 習い事&スクールガイド バナー

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択