Facebookツイッター
バナー
Mo. 23. Okt. 2017

年に一度の地域の祭典 フリースペース・フェスティバル

ライプツィヒ毎年9月に私達ライプツィヒ「日本の家」が主催しているフリースペース・フェスティバルも、今年で5 回目になりました。行政が衰退地域を盛り上げようと2012年に始めたこの祭典には、地域で活動している団体やアーティスト、ミュージシャンなど約20組が毎年参加しています。
続きを読む...
 

Feuersee祭りで初体験、水スクリーンプロジェクトショー

シュトゥットガルトシュトゥットガルト市内にFeuerseeという小さな湖があります。Feuerは「火」という意味で、See は「湖」ですから、Feuersee とは「火の湖」という意味になります。調べてみたら、こういう名前の湖がいろいろな町に存在していて、もともとはまだ供水システムができていない時代に作られ、火事等の緊急事態に備えての水源でした。
続きを読む...
 

ハリネズミが庭に来たら? 自然動物が身近にいる暮らし

ミュンヘン私が暮らしているミュンヘン近郊の小さな町では、市内と比較するといくらか広めの庭が付いている住宅が多いため、緑豊かな自然に囲まれている感じがします。また、町の周囲は畑に囲まれているため、野生のウサギや鹿、小さなネズミなどもよく見かけます。そして、時には野生のハリネズミ(Igel)が庭に住み着くこともあるようです。
続きを読む...
 

ハンブルク近郊アガーテンブルク、 お城でモダンアート展

ハンブルクエルベ川を渡ってハンブルクの南側に行くと、大きな果樹園の、のどかな風景が広がります。エルベ川を河口に向かって行くと、かつては貿易港としてハンブルクよりも栄えていたシュターデという街があるのですが、その直前にアガーテンブルクという村があります。ここには、17世紀に建てられたお城があります。
続きを読む...
 

Atelier Wabi Sabi 料理を通してドイツ生活をサポート

フランクフルトAtelier Wabi Sabiでは、食を通した日独文化交流を目指し、ドイツ料理やパン、和菓子の料理教室を開いたり、イベントで和菓子の販売を行っています。主催のジィヴァノヴィッチりなさんは、ドイツに来たばかりの頃、ドイツ語が分からず苦労した経験から、日本の皆さんに少しでもドイツ生活を楽しく快適に過ごしてもらいたいとの願いで、7年前にAtelier Wabi Sabiを立ち上げました。
続きを読む...
 

市民の足、ウーストラ社 125周年を迎えて

ハノーファー地域公共交通網のウーストラ社が今年125周年を迎えました。1892年6月22日に「路面電車ハノーファー株式会社」として設立され、バスや路面電車を運行しています。1970年に公共化され、現在は年間のべ1億7000万人以上が利用する大事な市民の足となっています。今年は1年を通じてさまざまなイベントを開き、存在感をアピールしています。
続きを読む...
 

子供達が遊びながら学ぶ場所 作る遊び場「 Bauspielplatz」

ライプツィヒライプツィヒには西部と東部に「Bau(作る) spiel(遊ぶ) platz(場所)=作る遊び場」と名付けられた秘密基地のような場所があります。ここでは、子供達が釘とトンカチを手に、自由にのびのびと空間を作っています。西部にある「作る遊び場」は、2008年に始まりました。
続きを読む...
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Panasonic製品 15%OFF Japan Airlines HIS 冬休み&クリスマス年末年始の旅 フリーペーパー大賞
日本メディカルセンター ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー バナー Japan Travel SIM バナー

日本人が経営する欧州の宿
ロンドンのゲストハウス
フランクフルト都市ガイド

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択