instagram Facebookツイッター
ジャパンダイジェスト
Do. 09. Jul. 2020

1対1の演奏会で今こそ音楽の力を

【シュトゥットガルト発】新型コロナウイルスの感染拡大により、多くのコンサートやイベントが秋までキャンセルとなってしまいました。そんななか、「1:1コンサート」が話題を呼んでいます。「1:1コンサート」とは、その名の通り、演奏家1名に対して聴き手1名で行われる演奏会。
続きを読む...
 

高山植物エキス入り!スパイク社の自然派石けん

【シュトゥットガルト発】今回のレポートでご紹介するのは、シュトゥットガルト近郊のラインフェルデンに拠点を構える、自然派石けんメーカーの「スパイク(SPEICK)」。ドイツにお住まいの方は、赤と緑の斬新なパッケージをどこかで見かけたことがあるのではないでしょうか。
続きを読む...
 

自然保護地域を歩く憩いの散歩スポット

【シュトゥットガルト発】初めまして。今月からシュトゥットガルトの地域レポーターを務めることになりました、フンドハウゼン・エリです。どうぞよろしくお願いします!
続きを読む...
 

魅惑の世界にようこそ トム・サックスの「Timeline」展

【シュトゥットガルト発】初めまして。今月からシュトゥットガルトの地域レポーターを務めることになりました、フンドハウゼン・エリです。どうぞよろしくお願いします!
続きを読む...
 

ギャラリー茶室ITOで日本人彫刻家の展覧会

【シュトゥットガルト発】シュトゥットガルトのカンシュタット駅から歩くこと10分、いろんな植物に囲まれた隠れ家のような建物が見えてきます。入口右の壁には、日本語で「糸」と書いた布製の掛け軸。ここは、茶室兼ギャラリーの「ITO」です。ITOはシュトゥットガルト在住の写真家、ペーター・グランザーさんが手がけているプロジェクトで、アートだけではなく異文化交流の場としてつくられました。この会場で、彫刻家で友人の下川慎六さんが個展をやるということで、訪れてみることに。
続きを読む...
 

「Stuttgart21」建設現場のオープンデー

【シュトゥットガルト発】久しぶりにシュトゥットガルト中央駅の建物を通ると、すべての施設や店が移転して無くなっていることに気づきました。連絡橋ののぞき窓から、日に日に大きなキノコのようなコンクリートの支柱が増えてきているのを見て、ついに駅前の都市開発プロジェクト「Stuttgart21」の完成が迫ってきているのかな、と気になっていました。
続きを読む...
 

シュトゥットガルトで観るバンクシーの「風船少女」

【シュトゥットガルト発】。匿名アーティストとして有名なバンクシーの作品「Girl with Balloon(赤い風船に手を伸ばす少女)」の実物が2019年3月からシュトゥットガルト州立美術館で展示されています。
続きを読む...
 

食肉博物館で現代アート?「ブラッドレス・ブティック」展

【シュトゥットガルト発】シュトゥットガルト南西に位置するベーブリンゲン(Böblingen)には、畜産・食肉加工と調理の歴史を展示している食肉博物館があります。先日、この食肉博物館で現代アートの展示が開催されると聞いて、早速行ってみました。
続きを読む...
 

食いしん坊に朗報 アジアンフードのブーム到来?!

【シュトゥットガルト発】シュトゥットガルトの街の中心部を歩くと、いつの間にか小さなアジア料理の店がかなり増えてきたような気がします。本格的な家庭料理や、アジア人のわれわれにとってお馴染みのスイーツが手軽に楽しめるようになりました。
続きを読む...
 

文化財の過去と現在を知るエスリンゲンで時間旅行

【シュトゥットガルト発】ドイツでは毎年9月の第2日曜日は文化財一斉公開の日(Tag des offenen Denkmals)と定められています。今筆者が住んでいる街エスリンゲンの文化財公開に、今年もまた出かけました。
続きを読む...
 

<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>
1 / 12 ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Juli 2020 1125号
特集:サイクリング生活のすすめ
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択