FacebookツイッターRSS feed
Hotei Tomoyasu Euro Tour 2017
Fr. 24. Mär. 2017

輝け、原石たち
日本を飛び出し、ドイツで切磋琢磨する "若き血潮" を紹介します。

Eメール 印刷

アメリカンフットボーラー
佃 宗一郎さん Soichiro Tsukuda

佃宗一郎さん
1983年 大阪府生まれ
2006年 立命館大学 卒業
2006年 渡米。NFLを目指し、トライアウトに挑戦
2010年 Xリーグ、アサヒ飲料チャレンジャーズ所属
2012年~ 渡独。ドイツリーグ(GFL)、デュッセルドルフパンサー所属

アメリカンフットボールが盛んな関西に生まれ、小学5年生にして楕円形のボールと出会う。立命館大では、エースとして活躍。卒業後は、NFLを目指して渡米した。そして今年、再び海外に挑戦。ドイツリーグ・デビューを果たし、チーム最小のランニング・バック(RB)を務める。

身長157cm。小柄な佃宗一郎選手が戦うフィールドでは、常に彼より一回りも二回りも体の大きな敵が立ちはだかる。しかし彼がボールを持ち、攻撃に転じると、その差は一瞬にして無に帰し、逆に武器となる。ディフェンダーにかすりもせず駆け抜ける姿に、観客は熱狂する。  

「アメフトでは、どんな体格の選手でも何らかの役割を持ってチームに貢献できるんです」と言う佃選手にとって、「体格の差」はまさに20年間付き合ってきた課題であり、そこから選手としての彼の個性が引き出され、磨かれてきた。  

中学生の頃から変わらぬ夢を追い続けている。「いつか、本場米国のNFLでプレーしたい」と。中学、高校、大学と所属したチームで日本一の称号を得て、大学卒業と同時に渡米。NFLを最終目標に、まずは室内で行うアリーナフットボールのチームの入団テストに挑戦した。2シーズン、常に試される過酷な挑戦を続けたが、あと一歩が届かず日本に帰国。新たな課題を胸に社会人リーグのアサヒ飲料チャレンジャーズに入団するも、その直後にアキレス腱断裂という大きな怪我を負ってしまう。前だけを向いて進んできた男が、初めて立ち止まった。その衝撃は、本人の精神を破壊し、精神病院での療養を必要とするほど大きかった。  

NFLを目指すことにのみ注力し、いつの間にか「試合に勝っても、優勝しても、嬉しいと感じなくなっていた」と当時を振り返る。不本意ながらも一時的にアメフトから離れたことで、再びアメフトを楽しむ気持ちを思い出した佃選手の回復は早かった。アサヒ飲料チャレンジャーズに復帰し、同リーグでブランクを感じさせない活躍を見せたのだ。  

二度目の海外挑戦の地にドイツを選んだのは、「欧州の文化に興味があったから」と、今の状況を楽しみつつ、「NFLを目指す選手もGFLにはたくさんいるんです」と、やはり夢はぶれない。(編集部:高橋 萌)

デュッセルドルフパンサー・佃宗一郎選手
デュッセルドルフパンサー・佃宗一郎選手
佃デュッセルドルフパンサー・佃宗一郎選手
デュッセルドルフパンサー・佃宗一郎選手
チームメイトとの体格差に驚かされるが、それよりも目を見張るのが佃選手の俊敏性。屈強なディフェンダーをすり抜け、前進を続けるプレーに注目

Stadion VfL Benrath佃選手が活躍するのは、6度のリーグ優勝の実績を持つデュッセルドルフパンサー。ホームでの試合は、ベンラート城から徒歩10分ほどの場所に位置するスタジアム(Stadion VfL Benrath)で行われる。派手な選手入場シーンや、試合を盛り上げるチアガールの応援など、アメフトならではの臨場感を味わえる。契約を延長した佃選手、来年の春から始まる新シーズンでも活躍が期待される。

Stadion VfL Benrath
Karl-Hohmann-Straße 70, 40597 Düsseldorf
デュッセルドルフパンサーのHP: www.duesseldorfpanther.de
佃宗一郎選手のブログ: http://blog.lirionet.jp/so22/
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

Japan Airlines ニュースダイジェストで働きませんか?
Japan Travel SIM ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツのラーメン、うどん - ドイツ・イギリス・フランス・ベルギーの麺もの大特集! バナー フランクフルト、デュッセルドルフでのお住まい探し バナー

日本人が経営する欧州の宿
ロンドンのゲストハウス