instagram Facebookツイッター
Hautarztpraxis Dr Chen プライベート皮膚科診療院 Dr. チェン
Sa. 19. Jan. 2019

「分ける」ことを受け継ぐ子どもたちの提灯行列

ライプツィヒドイツの秋は「提灯」を持って街を練り歩く季節(Laternenumzug)でした。子どもたちが手作りの提灯に火を灯して、暗くなりかけた頃に歌いながら散歩する行事があります。
続きを読む...
 

地域の歴史を受け継ぐ展示、個人の記憶を形にして残すこと

ライプツィヒドイツの芸術文化プロジェクトでは、アーティストだけでなく美術教育者が関わっている機会をよく目にします。美術教育者は学校という教育システムのなかだけで子どもたちに美術を教えるだけではなく、あらゆる形で一般の人たちにも「美術」を通じて何かを表現することを上手に伝えています。
続きを読む...
 

住民が地域を活性化する助成プログラム

ライプツィヒライプツィヒ市には、助成重点地区に指定されているエリアが6カ所あり、その地区を活性化させるために助成プログラムが用意されています。個人・団体を問わず、助成対象地域内での活動であれば、比較的短期間でも簡易に助成を申請することができます。
続きを読む...
 

ドイツならではの夏休み、ワインとカヌーとティッピ

ライプツィヒライプツィヒとワイマールの中間に流れるザーレ川とその支流であるUnstrut川流域は、ドイツの中でも質の高いワイン産地として有名です。760ヘクタールにも及ぶ渓谷に分布しているブドウ畑の歴史は、1000年以上にもさかのぼります。
続きを読む...
 

重病を患う子どもたちが最期に家族と過ごす場所

ライプツィヒ重度の障害や病気を抱え、現代の医学でも治療が不可能と診断された子どもたちとその家族は、生きていられる限られた時間を果たしてどのように過ごせるのでしょうか?
続きを読む...
 

移民共存のプロジェクト 「ザクセンへの架け橋」

ライプツィヒ私たちが運営するライプツィヒ「日本の家」は、今年ザクセン州内の4拠点(ライプツィヒ、チッタウ、ライスニッヒ、ビュルツェン)を繋ぐ展示プロジェクト「ザクセンへの架け橋 - Brücken für Sachsen」を行っています。
続きを読む...
 

先天性内反足とドイツの理学療法、早期発見と治療への導き

ライプツィヒ日独家庭の我が家の長女は、左足に先天性内反足を抱えて生まれてきました。これは足が変形する病気で、すぐに治療しないと歩くことが困難になります。およそ1000人に1人の発生率といわれていて、男児に多く、両足と片足の場合があり、症状にも軽度から重度まであります。娘は左足首から先が内側に曲がって生まれてきました。
続きを読む...
 

チェコ最大の温泉保養地飲む温泉「カールスバート」

ライプツィヒドイツの中でも東寄りのライプツィヒは、ベルリンに行くよりも隣国のチェコやポーランドに行く方が近いです。そこで今回は、ライプツィヒから約170km(車でおよそ2時間半)離れたドイツとの国境近くにあるチェコ最大の温泉保養地カールスバート (Karlsbad) をご紹介します。
続きを読む...
 

空き倉庫の再活用例 - 巨大ジャングルジムの子供の国

ライプツィヒライプツィヒ東部の幹線道路トルガウアー通りを北上すると、高速道路A14に繋がる一帯に工業地が広がっています。一番大きいのは、2006年に開業したアマゾンの集積センターで、広さはサッカー場11個分の7万5000平米あり、およそ1900人の従業員が働いています。
続きを読む...
 

小さな子供たちを守るために - 犯罪を未然に防ぐ方法

ライプツィヒ先日行われた娘の幼稚園の集まりで、「子供警察-守護天使エージェント」という活動をしている元警察官のシュテファン・クラウスさんが、小さな子供たちが巻き込まれている犯罪の具体的な例と、実際に守る方法をお話しして下さいました。お子さんのいるご家庭には、有用な情報になると思いますので、ここでレポートします。
続きを読む...
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 > 最後 >>

1 / 8 ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー 2019年カレンダー販売

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択