instagram Facebookツイッター
JAL
Do. 22. Apr. 2021

ドイツ書店賞2020を受賞した バイエルン広場書店

【ベルリン発】コロナ禍によりさまざまな文化活動が制限を強いられるなか、ドイツではタブレットやスマホを見る代わりに紙の本を手に取る人が増えているといいます。連邦政府と州政府の協議の結果、3月8日から書店や生花店の営業が緩和されていますが、ベルリン州では昨年春の最初のロックダウン時から、書店は「生活必需品」として営業を認められていました。
続きを読む...
 

世界にもっと学習マンガを ベルリン発の『Aha! Comics』

【ベルリン発】現代の日本において「勉強するための手段」として確かな地位を築いている学習マンガ。あらゆるジャンルの学習マンガが書店に並び、子ども向けだけでなく大人向けの内容も珍しくありません。ところが、今回取材させていた『Aha! Comics』編集長の田中翔子さんはあるときハッと気付いたといいます。
続きを読む...
 

公式オープンしたフンボルト・フォーラム

【ベルリン発】コロナ禍により人の往来が途絶えた2020年、ベルリンでは新空港の開港、地下鉄U5の全線開業など、大きな出来事がいくつかありました。昨年末の12月16日、ベルリンのもう一つの長年の工事現場だった「フンボルト・フォーラム」が、静かにオープニングの時を迎えました。
続きを読む...
 

曲げ木家具専門の修理工房ビーゲン・オーダー・ブレッヒェン

【ベルリン発】ザヴィニー広場駅から徒歩3分。木で作られた看板を目印に戸を開けると、店内の壁は古い曲げ木の椅子で埋め尽くされていました。曲げ木で作られているのは椅子だけではありません。テーブル、ロッキングチェア、コート掛けに子ども用家具など、優美な曲線を描くアンティーク家具が店内にずらりと並べられています。
続きを読む...
 

TXLからBERへベルリン新空港を初訪問

【ベルリン発】11月8日、テーゲル空港(TXL)行きのバスX9に乗ろうとバス停に立つと、すでに空港直行の快速バスX9とTXLの表示は消えていました。代わりにやって来た109バスの行き先表示は「Tegel Urban TechRepublic」という聞き慣れない名前に。テーゲル空港の役割が事実上すでに終わったことを実感しました。
続きを読む...
 

生き残りをかける ベルリンのクラブ事情

【ベルリン発】カラッと晴れた7月最初の日曜日、ベルリンの自転車のみの市を訪れました。新型コロナウイルス感染対策として、受付で個人情報を記入したのちに入場すると、広場にはたくさんの自転車。そして、飲み物を片手に物色する人や、修理のワークショップに参加する人たちが目に飛び込んできました。
続きを読む...
 

キンダートランスポートに想いをはせて

【ベルリン発】Sバーンのフリードリヒシュトラーセ駅前に、対照的な二つの部分から成る記念碑があります。明るい表情で西側を向く男の子と女の子の像、そして一様に沈んだ表情で東側を向いたブロンズ像の子どもたち。記念碑の下には「生への列車―死への列車 1938~1945」と書かれています。
続きを読む...
 

ベルリンらしい自由さ 月に一度の自転車のみの市

【ベルリン発】カラッと晴れた7月最初の日曜日、ベルリンの自転車のみの市を訪れました。新型コロナウイルス感染対策として、受付で個人情報を記入したのちに入場すると、広場にはたくさんの自転車。そして、飲み物を片手に物色する人や、修理のワークショップに参加する人たちが目に飛び込んできました。
続きを読む...
 

再開したベルリンの映画館とColosseumの破産

【ベルリン発】コロナ禍になって時々気になっていたのは、街角の映画館の状況です。本誌1114号のレポートでご紹介したドイツ最古の映画館Moviementをはじめ、ベルリンにはインディペンデント系の映画館が多くあります。しかし、ほかの文化施設と同様、ドイツ全土の映画館は3月中旬から閉鎖を余儀なくされていました。
続きを読む...
 

ポツダム郊外の日本庭園を訪ねて

【ベルリン発】隅々までほうきで丁寧に整えられた砂地と、青々としたカエデ。見頃を迎えているツツジやサツキが咲き誇る小道を進んでいくと、魚たちが泳ぐ小さな池、ほとりにたたずむ小さな四阿(あずまや)が姿を現します。「ここは日本?」と錯覚してしまうほど精緻(せいち)で美しい日本庭園、その名も「Japanischer Bonsaigarten Ferch」です。
続きを読む...
 

<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>
1 / 18 ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中村さん中村真人(なかむらまさと) 神奈川県横須賀市出身。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。現在はフリーのライター。著書に『ベルリンガイドブック』(ダイヤモンド社)など。
ブログ「ベルリン中央駅」 http://berlinhbf.com
守屋健(もりやたけし) ドイツの自動車、ビール、そして音楽に魅せられて、2017年に渡独。現在はベルリンに居を構えるライター。健康維持のために始めたノルディックウォーキングは、今ではすっかりメインの趣味に昇格し、日々森を歩き回っている。
最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
23 Apr 2021 1144号
特集:ドイツで始める
バードウォッチング
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

amazon 中村真人 書著

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択