instagram Facebookツイッター

Oliver Was­ser­mann
So. 22. Sep. 2019

17. ウィーンのカフェ

カフェ・セントラル
カフェ・セントラル

“Gemütlich”というドイツ語を一言で言い表すのは難しいのですが、まあ、簡単にいえば「何とも心地良い状態」を意味するといえるでしょう。そんなGemütlichな、雰囲気の良いカフェに座ってゆったりとした時間を過ごすことは、一時の幸せそのものです。

欧州の中でも長いカフェの歴史を誇るウィーンには、伝統的なカフェが至るところにあり、それはもう文化といえる領域にまで達しています(2011年には、ウィーンの伝統的なカフェハウス約100軒が、ユネスコの無形文化遺産に登録されています)。

カフェ文化が根付いたことの発端は、オスマン帝国による欧州進撃作戦「第2次ウィーン包囲」(1683年)にまでさかのぼります。ウィーンは陥落も危ぶまれましたが、ポーランド軍をはじめとした援軍の急襲により、オスマン帝国軍を撤退させることに成功しました。

その際、オスマン帝国軍が放置していった糧食の中には、コーヒー豆が入った大量の袋があったそうです。そして伝説によると、ウィーンで初めてカフェを始めたのは、そのコーヒー豆を褒美としてもらい受けたポーランドの退役軍人、いや、敵の急襲をいち早く知らせた早起きのパン屋だった、などといろいろな説があるようですが、オープンは1685年ということですから、かれこれ300年以上の歴史があるわけです。

黒いスーツに蝶ネクタイの“Herr Ober”、いわゆるボーイさんはプロ意識が高く、“カフェ道”なるものを楽しんでいるようです。カフェには、常備されている新聞全紙に目を通す人、トランプやビリヤードに興じる人など、一日中をそこで過ごしているような常連客もいて、まるで自宅の居間にいるようにくつろいでいます。

コーヒーには、ウィーン独特の名称が付いています。エスプレッソは“Mokka”、クリーム入りは“Brauner”、泡立てたミルクが入った“Melange”など、数えきれないほどの種類です。

私のお気に入りカフェハウスは「Central」「Hawelka」「Dommayer」。一度、著名な芸術家を常連客に持つカフェ・ハヴェルカでは、同店創設者夫人のヨセフィーヌさんから握手を求められたエピソードがあります。「かの芸術家たちに触れてきた手だ!」と、ドキドキしながら手を差し出したことを思い出します。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小貫 恒夫

小貫 恒夫 Tsuneo Onuki

1950年大阪生まれ、武蔵野美術大学舞台美術専攻。在学中より舞台美術および舞台監督としてオペラやバレエの公演に多数参加。85年より博報堂ドイツにクリエイティブ・ディレクターとして勤務。各種大規模イベント、展示会のデザインおよび総合プロデュースを手掛ける傍ら、欧州各地で風景画を制作。その他、講演、執筆などの活動も行っている。
www.atelier-onuki.com
Japan Airlines
日本メディカルセンター ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー バナー 習い事&スクールガイド

ロンドンのゲストハウス