JAL
Do. 07. Jul. 2022

水彩画からのぞく芸術の世界 寄り道 小貫恒夫

98. ベルリオーズのこと 23/06/22
97. シューベルトの交響曲は番号がややこしい 25/05/22
96. 私の好きな春の音楽 21/04/22
95. メードリングのシューベルト 24/03/22
94. シューベルトは生粋のウィーンっ子 24/02/22
93. 生演奏でしか味わえない音楽の魅力 27/01/22
92. オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 23/12/21
91. ピアニスト、サンソン・フランソワさんのこと 25/11/21
90. 指揮者アンドレ・クリュイタンスさんのこと 21/10/21
89. バイロイト音楽祭の思い出 23/09/21
88. セーヌでの釣り 26/08/21
87. 旅先の釣り 23/07/21
86. 指揮者カルロス・クライバーさんのこと③ 25/06/21
85. 指揮者カルロス・クライバーさんのこと② 27/05/21
84. 指揮者カルロス・クライバーさんのこと① 22/04/21
83. 指揮者カルロ・マリア・ジュリーニさんのこと 24/03/21
82. 音楽ファンは年間何枚レコードを買う? 25/02/21
81. 初めての舞台監督 28/01/21
80. サンタ・チェチーリアのこと 24/12/20
79. 演目変更の定番「トスカ」 26/11/20
78. プッチーニ作曲「トスカ」の舞台 22/10/20
77. レスピーギの交響詩「ローマの松」 24/09/20
76. ベートーヴェン・イヤー⑤:最後のアパート 27/08/20
75. ベートーヴェン・イヤー④:パスクァラティ・ハウス 23/07/20
74. ベートーヴェン・イヤー③:ウィーンでの引越し 25/06/20
73. ベートーヴェン・イヤー②:ウィーンへ 21/05/20
72. ベートーヴェン・イヤー①:50年前の思い出 20/04/20
71. ゴッホ⑩:サン・レミ・ド・プロヴァンスの街へ 25/03/20
70. ゴッホ⑨:サン・レミ・ド・プロヴァンスの修道院 25/02/20
69. ゴッホ⑧:エスパス・ゴッホ 22/01/20
68. ゴッホ⑦:ゴーギャン来る 23/12/19
67. ゴッホ⑥:サント・マリー・ドゥ・ラ・メール 18/11/19
66. ゴッホ⑤:跳ね橋とクロー平原 24/10/19
65. ゴッホ④:アルル-夜のカフェテラス 26/09/19
64. ゴッホ③:アルルへ 22/08/19
63. ゴッホ②:パリ 25/07/19
62. ゴッホ①:ヌエネンからアントワープへ 27/06/19
61. ウィーン芸術週間 21/05/19
60. セザンヌを訪ねて⑧ 番外編「アヌシー湖」 24/04/19
59. セザンヌを訪ねて⑦ ビベミュスの「石切り場」 18/03/19
58. セザンヌを訪ねて⑥ レ・ローヴのアトリエ 21/02/19
57. セザンヌを訪ねて⑤ ジャス・ド・ブッファン 23/01/19
56. セザンヌを訪ねて④ サント・ヴィクトワール山への道 27/12/18
55. セザンヌを訪ねて③ 市街地 22/11/18
54. セザンヌを訪ねて②(エクスへの道) 25/10/18
53. セザンヌを訪ねて① 26/09/18
52. 番外編:私の好きな湖 23/08/18
51. 晩年のブラームス(ウィーン) 25/07/18
50. バーデン・バーデン、クララの家 21/06/18
49. バーデン・バーデンのブラームス 24/05/18
 
<< 最初 < 1 2 > 最後 >>
1 / 2 ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


小貫 恒夫

小貫 恒夫 Tsuneo Onuki

1950年大阪生まれ、武蔵野美術大学舞台美術専攻。在学中より舞台美術および舞台監督としてオペラやバレエの公演に多数参加。85年より博報堂ドイツにクリエイティブ・ディレクターとして勤務。各種大規模イベント、展示会のデザインおよび総合プロデュースを手掛ける傍ら、欧州各地で風景画を制作。その他、講演、執筆などの活動も行っている。
www.atelier-onuki.com
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作