Hanacell

玉ねぎケーキとフェーダーヴァイサー Zwiebelkuchen

過ぎ行く夏を名残惜しみ、豊穣の秋に胸高鳴らす…、そんな季節の楽しみは、何と言ってもフェーダーヴァイサー。ワインになる前の発酵過程のもので、アルコールは入っているもののぶどうジュースみたいで飲みやすい。この時期、田舎をドライブすれば、いたるところで、「Federweisser」の看板を見かける。そして、そのフェーダーヴァイサーのお供と言えば、絶対にこれ、玉ねぎケーキ。ケーキと言っても甘くはなく、ドイツ版キッシュといったところ。慣れてきたら、フィリングを工夫してオリジナリティーを出してみては?

Zwiebelkuchen


 材料(4~6人分)

● 生地
イースト菌(Hefe)
12g
牛乳
100ml
砂糖
大さじ1
小麦粉
200g
バター
30g
1個
少々
● フィリング
玉ねぎ
500g
ベーコンビッツ(Becon-Würfeln)
150g
サワークリーム
250ml
2個
香辛料:コショウ(できれば挽きたて)、クミン、ナツメグ  


 作り方
1. まず生地づくり。イースト菌に砂糖と小麦粉大さじ1(分量内)と温めた牛乳を加え、よく混ぜ合わせ、ラップをかけて暖かい場所で10分間発酵させる。
2. 1.にバター、残りの小麦粉、塩、卵を加え、よくこねる。まとまったら、ラップをかけ暖かい場所で20分間発酵させる。
3. オーブンを200度に温める。
4. 玉ねぎをスライスし、ベーコンビッツ、香辛料を加え、玉ねぎがしんなり透明になるまで炒める。
5. サワークリームと卵をよく混ぜ合わせておく。
6. 2.をのばし、バター(分量外)を塗った型 に敷く。その上に4.をのせ、5.をかける。


Federweisser

Federweisser

通常アルコール度は10度前後だが、日がたつと発酵が進み、度数も高くなる。発酵過程でガスが出るので、プラスチックのふたをかぶせてあるだけなど、きちんと栓をしていないケースが多い。持ち運びは必ず縦にして、冷蔵庫で保管すること。なお飲みすぎると二日酔いはもちろん、 お腹が下りやすいので要注意。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作