JAL
So. 26. Jun. 2022

日本語のこれ、なんて言う?ぴったりドイツ語表現

ドイツ語の単語って覚えづらい、いつも同じ表現を使ってしまう…… そんな悩みにお答えすべく、姉妹誌「JAPANDIGEST」のドイツ語のネイティブ編集者が、知って得する単語やフレーズをお届け。言葉のバリエーションを増やして、もっとドイツ語を楽しもう!(Text:Diana Casanova)


「ごめんなさい」の気持ちがしっかり伝わるドイツ語

たった一言謝るだけで、友情を救えることってありますよね。ドイツ語では、どのように謝るのが良いのでしょうか? 今回はシーン別の謝り方をご紹介します。

一番多く使われている表現は、おそらく「Entschuldigung」( すみません、ごめんなさい)でしょう。話し言葉では「Tschuldigung」もよく使われますが、ビジネスシーンでは使わないのが得策です。また、英語の「Sorry」もカジュアルな謝り方として、どんどん使われるようになってきました。

謝る時だけではなく、声をかける時や質問をする時も「Entschuldigung」が使われます。この場合、代わりに「Verzeihung」(すみません)と言ってもOK。また「Bi tteentschuldigen Sie mich」(失礼します)は、ミーティングを抜ける時など、ビジネスでよく使う丁寧な言い方です。

ただ謝るだけではなく、自分の行いを悔やんでいることを伝える言い方もあります。そんなときは、「Es tut mir leid」(ごめんなさい)やカジュアルな「Tut mir leid」と表現しましょう。許しを請う場合は、「Ich bitteum Verzeihung」や「Bitte verzeih mir」(どちらも、許してください)などの言い方があり、いずれもフォーマルな場面で使えます。本当に悪いことをしてしまったなぁ……と思った時に使ってみましょう。

逆に謝られた時には、「Kein Problem」(問題ないよ)や「Mach dir keine Sorgen」(心配しないで)と返しましょう。「Ich nehmeIhre Entschuldigung an」(あなたの謝罪を受け入れます)とすると、より丁寧な言い方になりますよ。

「ごめんなさい&すみません」のさまざまな表現

  • Entschuldigung, dass ich gelogen habe.
    (嘘をついてごめんなさい)
  • Entschuldigung, ist der Platz noch frei?
    (すみません、こちらの席は空いていますか?)
  • Verzeihung, darf ich Sie etwas fragen?
    (すみません、質問させていただいてもよろしいですか?)
  • Es tut mir leid, dass ich unser Treffenvergessen habe.
    (打ち合わせを失念してしまい、申し訳ありません)
  • Bitte entschuldigen Sie mich, ich muss kurz telefonieren.
    (電話をしなければなりませんので、失礼いたします)
  • Ich habe einen Fehler gemacht. Bitte verzeih mir!
    (間違えました。お許しください)
  • Sorry, ich muss los!
    (ごめん、行かなきゃ!)
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
17 Juni 2022 1172号
特集:この夏は
ドイツの海へ出かけよう
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作