JAL
Fr. 03. Feb. 2023
意識改革から始める資産運用

ドイツでお金と上手に付き合う方法

山片 重嘉山片 重嘉 (やまかたしげよし)
ファイナンシャルアドバイザー

1970年生まれ。98年に渡独、文化交流や持続可能農業のプロジェクトに携わる。また、食と健康のアドバイザーとして講演活動などに勤しむ。その後、ファイナンシャルアドバイザーとして独立。個人・法人へのアドバイスを行っている。人生のテーマは、健康とお金を切り口に、豊かな生き方について考えること。

無料年金相談
Tel: 06032-99828500 / E-Mail: info@dj-finanz.de
www.dj-finanz.de

100意外と知らないクレジットカードの使い方

クレジットカードの種類

一般的に「クレジットカード」とは、Mastercard、VISA、American Express(Amex)などのことをいいます。クレジットカードは借り入れて支払いができますが、口座残高までしか支払いのできないものは「デビットカード」です。ドイツの銀行のGirocard(旧EC カード)もデビットカードに該当します。

デビットカードは審査がいらない分、学生や渡独したばかりの人でも作ることができます。無料ネットバンクにもれなく付いてくるのもデビットカードです。しかしセキュリティーの面では、銀行口座にすぐにアクセスされてしまうため、クレジットカードには劣ります。デビットカードを使う場合、その口座には大きな金額は入れないほうがより安全です。また、デポジットが必要なレンタカーなどの支払いには使えない場合もあります。デビットカードは、通常のオンラインショッピングやレストランの支払いなど、大抵の場合は使えます。しかし、価格が安いからといって知らないECサイト(オンラインショップ)を利用する場合は、必ずサイト名を検索し、レビューなどを参考にして安全なサイトかどうかを確認しましょう。

クレジットカードには、各支店銀行発行のもの(手数料は高め)、ネット銀行口座にひもづいているDKB カード、銀行口座の必要のないBarclaycardなどがあります。そのほかに年会費がかかりますが、マイレージが消えずに貯められるといった特典付きのルフトハンザカードなどさまざまな種類があり、ニーズに合わせて選ぶことが可能です。クレジットカードでは分割払いやリボ払いなどもできますが、それに対する利子は7~18%と非常に高額であるため、利用はおすすめしません。

隠れた手数料

自分が使うカードの手数料等の条件は、必ず料金表(Preis-Leistungsverhältnis)を確認しましょう。中にはカード発行手数料、月・年会費以外に、現金引き出しでも手数料を取るものも。特に他通貨での引出しや支払いでは、1.75%などの手数料がかかります。

さらに、料金表には載っていない隠れた手数料があります。それは他通貨で使用した時にかかる為替手数料です。各金融機関は、独自の為替レート(仲値)に手数料を上乗せした売買時のレートを決めているため、料金表には記載がないのです。また、通貨ペアによっても為替手数料は異なります。ドイツで生活しながら日本のクレジットカードで買い物をしていたり、ドイツのクレジットカードで日本での支払いをしていたりすると、年間ではかなりの手数料を払っている可能性があります。デビットカードの場合は、ネットバンク系でも他通貨での使用には手数料がかかる場合が多いですが、Wise(旧TransferWise)なら格安で、アプリから瞬時に残高を換金してその国の通貨での支払いができますよ。

旅行で気をつけること

欧州連合(EU)域外の飲食店などでカード払いをする時に、カードを預けてスキャンしてもらうのは危険です。特にデビットカードは要注意。見ていない所で別のスキャナーを使ってカード情報を盗まれるかもしれません。また、支払いはその訪問国の通貨で支払うのが望ましいです。「ユーロで支払いますか?」と聞かれることがありますが、「1563リラなので×××ユーロです」と言われても、電卓で計算しなければ適正レートかどうか分かりません。法外な為替レートで決済される可能性もあるため、注意が必要です。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作