instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sa. 29. Feb. 2020

そのとき時代が変わった1945年敗戦から1989年ベルリンの壁崩壊まで

高橋容子 ドイツニュースダイジェスト創刊時からの常連ライター。日本で文芸映像翻訳を手がけ、渡欧。英・独・豪と移り、現在はスペインのバスク州暮らし。

ベルンの奇跡 Wunder von Bern

1954年7月4日
スイスで開催された第5回サッカー・ワールドカップで、下馬評にも上らなかった西ドイツ代表チームが初優勝を遂げる。ドイツ人は戦後初めて歓喜の涙を流し、「ドイツ人の歌」を大合唱した。

戦後初めてW杯出場

高度成長が始まっていても、まだ敗戦による欝(うつ)の気分が残っていた1954年。戦後のサッカー・ワールドカップ(W杯)に、ドイツのチームが出場するのは初めてだった。監督は、戦前にドイツ帝国チームを率いたことのある57歳のゼップ・ヘアベルガー。巧みな戦略と「ボールは丸い」「試合後は試合前」などの訓話で、“シェフ”と呼ばれた強いリーダーである。

夏のスイスに集まった代表16チームは、まず予選リーグで4つのグループに分けられた。西ドイツが入ったのはハンガリー、トルコ、初出場の韓国とともに第2グループ。日程短縮のためハンガリー対トルコ、西ドイツ対韓国の試合が省かれ、西ドイツはトルコ、ハンガリーと対戦する。

初戦の対トルコは4-1で勝った。次に対戦するハンガリーは、52年ヘルシンキ・オリンピックの優勝国。27試合負け知らずで、すでに韓国を0-9で下している。ヘアベルガー監督はドイツの負けを予想し、平行する試合でトルコが韓国に勝つと踏んだ。その場合、ドイツとトルコの勝ち点は同じになり、進出をかけて追加試合が組まれることになる。

監督は控えの選手を4人起用してハンガリー戦に臨み、当然ながら3-8で大敗を喫した。しかし「1軍選手を追加試合のために温存する」作戦は見事に成功し、韓国を7-0で下したトルコとの再戦に、7-2で勝利。決勝ラウンドに進んでユーゴスラビアを2-0(準々決勝)、オーストリアを6-1(準決勝)で破り、ついに決勝進出を決める。その相手は再びハンガリ ーだった。

終了間際の運命のシュート

決勝戦の前日。監督は雨が降りしきる練習グラウンドに記者団を集め、「明日も降る」と言ってトレーニングを公開した。選手たちが履いているのは、靴職人アドルフ・ダスラー(通称Adi Dassler)が作った靴。お気づきだろう。スポーツメーカーAdidasの創業者が開発した世界初のサッカーシューズには、靴底に取り外しができるクリート(ネジびょう)がはめ込まれ、選手の滑る足元をしっかり支えていた。

そして翌7月4日17時。雨。ベルンのワンクドルフ・スタジアムで開始のホイッスルが鳴った。ドイツのストライカーは単純明快なヘルムート・ラーン。監督は、思慮深いキャプテンのフリッツ・ヴァルターと相性がいい彼を、最終戦に指名したのである。

しかし開始からわずか6分で、ハンガリーが先制点を挙げ、その2分後にチボール選手が2点目のゴール。だれもがハンガリーの優勢を予想した。ところが11分と18分に、西ドイツのマックス・モーロックとラーンが連続ゴール。そして2-2の同点で始まった後半、両チームのゴールキーパーが何度もネット前でボールをはじき、延長かと見えた84分、パスを受けたラーンが瞬時に14メートル先のゴールポストを目がけ、運命のシュートを蹴り入れた。

「トーア(ゴール)! Tor! Toor! Tooor!……」
アナウンサーが狂ったように叫ぶ。

試合終了のホイッスルが鳴った。西ドイツ、3-2で勝利!キャプテンのヴァルターに優勝カップが手渡され、西ドイツ国歌が演奏される。そのとき、狂喜するドイツ人サポーターは、第1節「Deutschland, Deutschland über alles……」を大合唱した。

国歌の意味を知った日

ご存知かと思う。ハイドンの曲にホフマンが詩をつけた「ドイツ人の歌」は、22年に国歌として定められ、ナチスの侵略とともに周辺国でも鳴り響いた過去がある。ゆえに戦後、アデナウアー首相vsホイス大統領の国歌論争が起こり、52年に「Einigkeit und Recht und Freiheit(統合と権利と自由を祖国のために)」という第3節のみを西ドイツ国歌とすることで、事実上の合意がなされていた。

しかし当時の国民は、有名な第1節しか知らない。「世界に冠たるドイツよ、兄弟のごとく結束し、マース(ベルギーとオランダの川)からメーメル(現リトアニア領クライペダ)、エチュ(南チロルの川)からベルト(デンマークの海峡)までを防衛する」と聴かされた隣国の人々が、眉をひそめるのは当然だろう。

事態を懸念したホイス大統領は、凱旋チームをベルリン・オリンピック競技場に迎えた7月20日、8万人の聴衆に向かって、「ドイツ人の歌」の第3節をゆっくりと朗読する。こうして国民は改めて国歌の意味を自覚し、優勝の歓喜とともに自信を取り戻した。戦後に存在すること自体をやめていたドイツ人が、「再び何者かになった(Wir sind wieder wer)」瞬間である。

11 Januar 2008 Nr. 696

 

高橋容子 ドイツニュースダイジェスト創刊時からの常連ライター。日本で文芸映像翻訳を手がけ、渡欧。英・独・豪と移り、現在はスペインのバスク州暮らし。 www.geocities.jp/takahashi_mormann
Japan Airlines 2020年カレンダー販売
ロンドンのゲストハウス バナー ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター"

ロンドンのゲストハウス