instagram Facebookツイッター
mizkan
Fr. 04. Dez. 2020
うまうまRezepte
使い慣れた食材も、ドイツならではの食材も、ちょっとした工夫で食卓の主役に!
編集部が選んだ旬の食材をテーマに、舞楽あき子さんからアイデアレシピを
紹介していただきます。
Eメール 印刷

豚肩ロース・Schweinenacken

豚
a. Kopf 頭 b. Nacken 豚肩ロース c. Brust, Dickerippe 胸肉/あばら肉
d. Rcken ロース(この一部がフィレ) e. Rckenspeck 背脂肉
f. Schulter 肩肉 g. Bauch 腹肉・三枚肉 h. Keule, Shinken もも肉
i. Haxe,Eisbein すね肉 J. Pfoten 豚足

ドイツの豚肉は概して美味しいけれど、中でも、ほどよい脂、柔らかい肉質で日本人好みなのが豚肩ロース。ステーキ、豚カツ、細切りにして中華風など、何にでもよく合います。値段も手ごろなのが嬉しい限り。骨あり、骨なしの両方で売っていますが、骨の回りの肉が味わい深いので、私はもっぱら骨付きを買います。

豚肩ロースのオレンジ風味

簡単かつ経済的なオーブン料理だけれど、客人からは「あれがまた食べたい……」とリクエストが来る一品です。

材料 4~6人分
豚肩ロース骨付き塊
1.5kg程度
オレンジ果汁3個分
約300ml
レモン果汁1個分
約50ml
オレンジ
1個
オリーブ油
大さじ3
にんにく
4片
大さじ1.5~2
こしょう
適宜
豚肩ロースのオレンジ風味 作り方
1. オーブンを220℃に温める。
2. オリーブ油と刻んだにんにく、塩、こしょうを混ぜ合わせ、塊肉の表面にまんべんなく塗る。
3. 2. を耐熱皿にのせてオレンジ果汁とレモン果汁を混ぜ合わせたものを3分の2程度かけ、オーブンに入れる。
4. 時々、出てきた肉汁を肉にかけ、水気がなくなってきたら果汁を足す。(少々こげつくくらいは気にしない)
5. 1時間程経ったらスライスしたオレンジを上にのせて残りの果汁をかけ、20分程焼いて出来上がり。
※耐熱皿に残ったオレンジ風味の肉汁が美味しいソースになります。
さらにもう一品!
豚のしょうが焼き、夏野菜の焼き煮添え
材料 2人分
豚のしょうが焼き  
豚肩ロース骨付き
(Nackenkoteletts)
2枚
しょうが
親指大
醤油
大さじ2.5
大さじ2
夏野菜の焼き煮  
なす、パプリカ
各1個
その他好みの野菜
(たれ)  
湯、醤油
各大さじ4
粉末だしの素
小さじ1/3
大さじ2
砂糖
大さじ1
刻みにんにく、
刻みしょうが
各小さじ1強
輪切り唐辛子
好みの量
小口切りあさつき
大さじ山盛り1
豚のしょうが焼き、夏野菜の焼き煮添え
作り方
しょうが焼き
1. 肉に醤油、酒、おろしたしょうがを揉み込んで30分ほどおく。
2. フライパンに油(分量外)を敷いて熱し、1. の肉の漬け汁を軽く切って肉の両面を焼く。
3. 火が通ったら残りの漬け汁を加え、肉にからめて照りをつける。
夏野菜の焼き煮
1. 電子レンジ使用可能な容器にだしの素を入れて湯で溶き、残りのたれの材料を入れて混ぜ合わせる。
2. なすは半分に切り、ラップをして電子レンジ強で3分。パプリカは短冊切りにする。ねぎなどの場合はさっと茹でておく。
3. 電気コンロ強火の上にアルミホイルを広げ、なすとパプリカを皮が黒くこげるまで焼く。
4. 冷水で手を冷やしながら皮を剥き、適当な大きさに切って1. に漬ける。
5. 食べる前にラップをし、電子レンジで1分加熱する。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


舞楽あき子 Akiko Buraku
中学時代をドイツで過ごし、結婚後、2000年より再びドイツ生活。補習校講師等をする傍ら「食」に関する寄稿を行っている。
ブログ「とぜんそう栽培記」 http://akikoburak.cocolog-nifty.com/blog/
最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
4 Dez 2020 1135号
特集:「進化するドイツ語」
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作