instagram Facebookツイッター
sato
Mi. 02. Dez. 2020
うまうまRezepte
使い慣れた食材も、ドイツならではの食材も、ちょっとした工夫で食卓の主役に!
編集部が選んだ旬の食材をテーマに、舞楽あき子さんからアイデアレシピを
紹介していただきます。
Eメール 印刷

マッシュルーム・Champignon

マッシュルーム・Champignon

真っ白でぷっくりとしたマッシュルームを見ると、思わず頬ずりしてしまいそう。鮮度が落ちやすいので買い置きはダメです。また、水に浸けると劣化が進み、風味が損なわれるので、洗う時は手際よく。ドイツ人の中には、土のついた部分を切り落として拭くだけという人も多いようです。

今回のサブテーマはドイツ料理。マッシュルームを使った「これぞドイツ料理」と言えるレシピを伝授します。

鶏肉のフリカッセ

「ライス付き(mit Reis)」というメニューの文字に誘われて、レストランで注文した人も多いのでは……。もちろん、付け合わせは長米がドイツ風。

材料  
鶏胸肉
500g
小麦粉
大さじ山盛2
バター
30g
マッシュルーム
250g
にんじん
大1本
白アスパラガス
250g
グリーンピース
大さじ山盛2
ケイパー
大さじ山盛1.5
水(湯)
500ml
チキンブイヨン
水500ml相当量
牛乳
200ml
塩・こしょう
適量
鶏肉のフリカッセ

 

作り方
1. アスパラはピーラーで皮を剥き、根元を切り落として3等分に切る。にんじんは食べやすい大きさに。マッシュルームは小さければそのまま、大きいものであれば、半分に切っておく。
2. 鶏胸肉は食べやすい大きさに切り、小麦粉を全体にまぶす。
3. フライパンにバターを溶かし、2. の肉を表面が白くなるまで炒める。
4. 湯を少しずつ入れ、バターと小麦粉をのばしていく。
5. ブイヨン、にんじん、アスパラの根元に近い部分を入れて煮る。
6. にんじんが柔らかくなったら、アスパラの先の部分、マッシュルーム、グリーンピース、ケイパーを入れ、全体に火が通るまで10分程煮る。
7. 温めた牛乳を入れ、塩・こしょうで味を調える。
2種類のイエーガーソース (Jägersoße)

クリーム Jägersoße

材料
燻製ハムビッツ(Katenschinken)
大さじ2
バター
30g
玉ねぎ
小1個
マッシュルーム(ほかのものと混ぜてもよい)
150~250g
小麦粉
大さじ2
コンソメ(お湯にブイヨンを溶いたもの)
250ml
トマトピューレ
大さじ1
タイム
少々
生クリーム
大さじ3
塩・こしょう
適量

作り方
1. フライパンに燻製ハムビッツとバターを入れて熱する。
2. 刻んだ玉ねぎを加え、中火でじっくりと炒める。玉ねぎに色が付いてきたらスライスしたマッシュルームを加え、さらに炒める。
3. マッシュルームから水分が出てきたら小麦粉をふりかけ、さらに炒める。
4. コンソメを少しずつ加え、木べらで混ぜながらのばしていく。
5. トマトピューレを加えて少々煮詰め、最後にタイム、生クリームを加えて、塩・こしょうで味を調える。

あっさり Jägersoße

材料
エシャロット
1個
植物油
大さじ2
マッシュルーム
150g~250g
小麦粉
大さじ1
コンソメ(お湯にブイヨンを溶いたもの)
250ml
パプリカパウダー
大さじ1
塩・こしょう
適量

作り方
1. フライパンに植物油、刻んだエシャロットを入れて炒める。
2. エシャロットのふちが色付いてきたら、スライスしたきのこを加える。
3. この後は「クリームJägersoße」の3. ~ 5. の手順と同じ。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


舞楽あき子 Akiko Buraku
中学時代をドイツで過ごし、結婚後、2000年より再びドイツ生活。補習校講師等をする傍ら「食」に関する寄稿を行っている。
ブログ「とぜんそう栽培記」 http://akikoburak.cocolog-nifty.com/blog/
最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
4 Dez 2020 1135号
特集:「進化するドイツ語」
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作