instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sa. 24. Aug. 2019
うまうまRezepte
使い慣れた食材も、ドイツならではの食材も、ちょっとした工夫で食卓の主役に!
編集部が選んだ旬の食材をテーマに、舞楽あき子さんからアイデアレシピを
紹介していただきます。
Eメール 印刷

Grüner Spargelグリーンアスパラガス Grüner Spargel

白でも緑でも、アスパラガスの品種は同じで、土の上に出てきて太陽の恵みを受けたものがグリーンアスパラガス。地表に覆いをかけたり、掘り起こしたりする手間が要らない分、廉価でも良いはずなのに、なぜこの値段? と長年疑問に思っていましたが、最近ようやくお手頃価格に落ち着いてきました。何と言ってもドイツ人が大喜びするアスパラガス。凝った料理よりも、素材の味を存分に生かしたシンプルな調理法がお勧めです。

グリーンアスパラガスの簡単前菜

我が家の定番。アスパラガスとうずらの卵、ドイツ人が目を輝かせる黄金コンビです。

材料 (4人分)
グリーンアスパラガス
500g
うずらの卵 16個
キャビアクリーム* 大さじ3
マヨネーズ 大さじ2
シェリー酒 大さじ1
前菜

作り方
1. まずは下ごしらえ。グリーンアスパラガスは、根元を1~1.5cm切り落とし、ピーラ―で下 3分の1程の皮をはかまと一緒に剥く。
2. 1.を3等分に切る。
3. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(分量外)を入れ、グリーンアスパラガスの根元の方を入れ て1分。真ん中の部分を入れ、さらに1分。最後に穂先の方を入れて2分茹でたら、ざるに 取り、冷水をかけて冷ます。
4. うずらの卵と水を鍋に入れ、沸騰したら火を弱めて2分半~3分茹でる。取り出して冷水に さらし、殻を剥く。
5. キャビアクリーム、マヨネーズ、シェリー酒を混ぜ合わせる。
6. アスパラガスを巣に見立てて飾り、5.のソースを敷いて、うずらの卵をのせ、お好みで糸 とうがらしを飾る。
キャビアクリーム*キャビアクリーム
スカンジナビア産のたらこクリームで、チューブ入り(約2ユーロ)がスーパーで売られています(大手家具チェーン店IKEAでも同様のものが手に入ります)。本来、そのままパンに塗って食べるものですが、マヨネーズやクリームチーズと混ぜて野菜やゆで卵のディップに、クリームで伸ばして魚料理のソースにと幅広く使えます。意外とご飯にも合うので、常備しておくと何かと重宝する優れものです。
アスパラベーコン揚げ パルミジャーノがけ

揚げると素材の旨味が凝縮します。ボリューム感も出るので、おつまみにも、おかずにも最適。

材料 (4人分)
グリーンアスパラガス
8本
ベーコン 8枚
1個
小麦粉・パン粉 適量
パルミジャーノ(粉状) 大さじ1強
レモン 1個

作り方
1. 下ごしらえ(前述)したグリーンアスパラガスにベーコンをくるくると巻き付ける。
2. 1.に粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、パン粉をつける。
3. 180℃程度の油(分量外)で色付くまで揚げる。
4. 軽く油を切って皿に載せてパルミジャーノをふりかけ、櫛切りにしたレモンを添える。
盛り付け白でも緑でも、アスパラガス1本を切らずに使うときは、茹でるより蒸す方が、表面にぬめりが出ないのでお勧めです。蒸気が回ってから、白の場合は10~15分、緑なら5分。その後、冷水にさらして粗熱を取り、氷の上に盛り付けて、白味噌3、みりん2、砂糖2、白胡麻1(いずれも大さじ)を混ぜ合わせたものとマヨネーズを添えました。鮮やかな色と清涼感が、初夏の強い日差しに映えます。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞楽あき子 Akiko Buraku
中学時代をドイツで過ごし、結婚後、2000年より再びドイツ生活。補習校講師等をする傍ら「食」に関する寄稿を行っている。
ブログ「とぜんそう栽培記」 http://akikoburak.cocolog-nifty.com/blog/
Japan Airlines 独・英ニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト
ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド 日本メディカルセンター バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー

ロンドンのゲストハウス