instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Di. 22. Okt. 2019

ドイツゼクト物語 - シャンパンとの接点を探して 岩本順子

17. ケスラー・ゼクト11 ドイツ初の「シャンパン」を目指して

Deutsche Sekt-Geschichte

ドイツ初の「シャンパン」の生産を夢見て、ケスラーは兄ハインリッヒをスタッフに迎え、基幹となるテキスタイル工場の基盤を家族で固めた。王国長官だった義父、クリスチャン・ルードヴィヒ・フォン・フェルナーゲルは、ケスラーの人脈を広げてくれた。

ケスラーが義父を通じて得た知己に、出版人で政治家のヨハン=フリードリヒ・コッタがいる。コッタは「ウィーン会議」派遣団の1人で、南ドイツ関税協定に貢献した人物。彼は、ケスラーにとって、最もエキサイティングな話し相手だったという。義父の取り計らいで、ヴュルテンベルク王室への訪問も叶った。当時の国王は、農学とブドウ栽培、ワイン醸造学の近代化に尽力し、1818年にホーエンハイムに農業大学を設立した人物だった。1825年には彼の主導で、ワイン品質向上協会が設立され、その3年後にはワイン醸造協会が発足した。

ケスラーが経営するテキスタイル工場は、時代のニーズに合い、軌道に乗った。やがてケスラーは、テキスタイル部門を工場長コンラッド・ヴォルフに託し、「シャンパン工場」の立ち上げに専念し始めた。テキスタイル工場はその後、工場に加わったヨハネス・メルケルとルードヴィヒ・キーンリンの功績もあって、メルケル&キーンリン社として1970年代まで存続した。

エスリンゲンは新興産業都市ではあったが、ケスラーの故郷であるハイルブロン同様、中世から修道僧たちがワイン造りを行ってきた伝統があり、1200ヘクタールのブドウ畑があった。ワインの量を測るのに、「エスリンガー・アイマー(エスリンゲンのバケツ)」という単位も使われていた。

1826年7月1日、ケスラーはビジネス・パートナーのハインリヒ・アウグスト・ゲオルギとともに、ドイツ初のスパークリングワイン工場「G.C.Kessler & Companie」を立ち上げた。ケスラーは事前に綿密なプランを練っていた。ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン社時代に購入していたノイホーフ醸造所で、ヴュルテンベルク産のブドウを使用し、スパークリングワインを試作していたのである。

ゲオルギはヴュルテンベルク王国エスリング裁判所の法務長官で、エスリンゲンにブドウ畑を所有し、ワインに詳しい人物だった。彼は立ち上げの資金を調達しただけでなく、醸造所の建物を提供し、法務におけるアドバイザーでもあった。歴史家は、ゲオルギのサポートなしに、ケスラーは醸造所を興すことは不可能だっただろうと述べている。ゲオルギが「われわれ2人は契約書を必要としなかった」と記しているように、2人は強い信頼関係で結ばれていた。

ケスラーが1830年代に入手したエスリンゲンのセラー。見学可能だケスラーが1830年代に入手したエスリンゲンのセラー。見学可能だ

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩本順子(いわもとじゅんこ) 翻訳者、ライター。ハンブルク在住。ドイツとブラジルを往復しながら、主に両国の食生活、ワイン造り、生活習慣などを取材中。著書に「おいしいワインが出来た!」(講談社文庫)、「ドイツワイン、偉大なる造り手たちの肖像」(新宿書房)他。www.junkoiwamoto.com
● ドイツゼクト物語
● ドイツワイン・ナビゲーター
● 好き!を仕事に
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー バナー ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター 習い事&スクールガイド

ロンドンのゲストハウス