instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Fr. 13. Dez. 2019

ナターシャ・カンプシュ

Eメール 印刷
ナターシャ・カンプシュNatascha Kampusch
1988年2月17日ウィーン対岸ドナウシュタット生まれ。
自力脱出するまで8年間監禁されていた拉致被害者。
©Ronald Zak/AP/Press Association Images

10歳で拉致され、民家の隠し部屋に3096日間監禁されていた悪夢の体験を、脱出から4年後の2010年9月に「3096 Tage」のタイトルで出版。先月28日には同名の映画も封切られ、再びニュースに登場している。

朝の登校路から白いミニバンに連れ込まれたのは1998年3月2日午前7時。目を覚ましたそこは、ウィーンから北東へ20キロほど離れた小さな村の、民家の地下に作られた隠し部屋だった。

拉致犯ヴォルフガング・プリクロピル(当時35歳)は少女に絶対服従を命じ、半年後からは時おり屋内に出して家事を強制。やがて散歩やドライブ、一度はスキーにも連れ出すが片時も目を離さず、恐怖で身がすくむ少女は逃げ出せない。しかし、2006年8月23日の昼。車の清掃を命じられた彼女は、携帯電話に出た拉致犯が掃除機の騒音を嫌って離れたその隙に、男が鍵を掛け忘れた庭のゲートからついに脱出。男は同日夜に列車に飛び込んで自殺し、事件は共犯者の有無に大きな疑問符を残したまま一応の解決を見た。

18歳で再び現実に身を置いた彼女はその後、義務教育をやり直し、殺到するマスコミを賢くコントロールしながら自立への道を模索している。しかし、表情から垣間見えるのは「暑さも寒さも感じないのに、セーターを着こまずにはいられない」不安な女性、金細工職の勉強を続けられなかった女性、男性との交際に臆病な女性だ。現在もPTSDの治療を受けながら、「私は犠牲者ではない」と言い続けている。

 

高橋容子 ドイツニュースダイジェスト創刊時からの常連ライター。日本で文芸映像翻訳を手がけ、渡欧。英・独・豪と移り、現在はスペインのバスク州暮らし。 www.geocities.jp/takahashi_mormann
2020年カレンダー販売
習い事&スクールガイド バナー ロンドンのゲストハウス ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター"

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択